「ほんとに住めそう」「いや、住んでますから」

そういえば、常日頃から家具の話をしている割に、僕の部屋がどんな状態になっているか、という様子そのものをお披露目したことがないな、と、ふと気がついたのでした。

「というわけだからモグさん、そこ退いて。……というわけにもいかないんだなぁ」
「モグも、かわいらしくベッドでごろ寝する姿を皆様にお披露目できないのが残念ですクポ」
「連邦吊床で窓から飛ばしますよ」

まぁ、いつも掃除やらなにやら世話になっている同居人にそんなことはしませんが。
……しませんよ? ほんとですよ?

モグロッカー関係の利便性向上ですとか、アウトポストテレポなんかの兼ね合いで拠点をサンドリアと定めてから、冒険者を始めた頃よりもずいぶんとここに「住んでいる」感じが増した気がします。
たまに友人なんかを招くと、「凝りすぎwwwww」などとけっこうウケたりもして、これも密かな楽しみとなっていたり。
ただ友人達よ覚えておいてほしい、僕なんぞよりももっとモグハウスをマーヴェラスにクリエイトする猛者たちが、このヴァナ・ディールにはひしめいている、ということを……!
……あ、ウィングアルターはもうちょっと待って…お金が足りないです……うぅ。

ともあれ、部屋の内容はともかく人様のモグハウスにお邪魔するのも僕はけっこう好きです。
部屋を見るとその人の人となりがなんとなく見えてくる、ような気がしませんか?
複数の方向性のジョブを極め、世界中を忙しく駆け回って活躍する人、深山幽谷で釣りに勤しむ人、職人として身を立てている人…。
モグハウスを使っている人自身は、ただの物置あるいは寝るだけの部屋、と思っていても、やはりどこかでその人の個性みたいなものは出ます。
そこが、面白い。

駆け出しの子に、こまごまとしたもの入れ系の家具を贈ったこともありました。
次にその子の部屋にお邪魔したら、ちょこっと家具が増えてたときなんかは、嬉しかったですねぇ。
モグさん達の収納上手力がアップした時期には、置く家具の量を削ったという方も散見されましたが、そこに家具があったら置かずにはいられない。
こんなんだから装備がいつまでたっても充実しないのね、とか思われてそうですが、直ることはないでしょう。

部屋に関する四方山話はこんなところでしょうか。
もっと色んな人の部屋を見にいきたいものです。




おまけ:僕の住まい

腰を落ち着けて、本を読んだりこの手記を書いたりしてるわけですよ。
f0004261_14482096.jpg


趣味で集めた音モノたちとそのほか色々。
ちょっと暗いので、何か照明でも置いたらいいのでしょうか…。
f0004261_14451912.jpg


ちょっと前までは角テーブルだったのですが、ラウンドテーブルに心を奪われすぎて大幅に模様替え。
以前の様子は、ご想像にお任せします。
f0004261_14523925.jpg


寝床も撮るには撮ったんですが、ちょっとうまく行かなかったので、今回は割愛しておきます。
[PR]
by Rdms_pride | 2009-02-06 15:15 | よしなしごと


<< 増えるのはうれしいのだけど 新年の計 >>