流れる泉に1ギル硬貨

少々遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうか、実り多い年でありますように。

年の変わり目にはル・ルデの庭に多くの人が集まりまして、みなで新年の抱負を述べてみたり、世界のありように対して思うところを、声を大にして述べてみたり、カウントダウンで一斉に花火を上げたり、それはそれは大変な騒ぎでした。他人事のように書いていますがかく言う僕も、同じLSの白魔道士、アリスタくんと一緒にそのただなかでバカ騒ぎに加わっていました。いやぁ楽しかった。
場の空気にあてられて、何かあらぬことを叫ばされたような気もしますが、めでたい席でのこと、あまり気にしないでおきましょう。

その後はサンドリアへ帰り大聖堂で祈りを捧げた後、アウトポストのサービスを通じて聖地ジ・タへ。神々の間で女神アルタナへ誓いを立てるのです。今でこそテレポ等で比較的簡単に足を運ぶことができますが、それらが開発・整備などされていなかった、修道士ジョゼアーノの時代には、きっと並々ならぬ苦しみを伴う旅路だったのでしょう。
というかトリビューンで、またあの手の読み物連載しませんかね…。

やることやって安心したので、あとは普通の冒険者活動を再開。
友人の要請に応えてギルド桟橋での立ち回りを援護したり、手当たり次第に冒険者達に依頼を取り付けていた盗賊ゴブリンの所に、それならいっそ、と大人数で集まってみたり。
割と充実した年始だったのではないかな、と思います。
盗賊ゴブリンの話はもう少し詳しく書きたいので、別項を用意することにしましょう。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-01-05 13:43 | よしなしごと


<< 羊毛ひとむしり、羽根をふたむしり めでたきかな、星の還る夜 >>