うちには来なかった

ここ数日、モグハウスの本棚や図書館の書架に、勝手に普通の文書を装った呪いの書を紛れ込ませるというキナ臭い事件が多発していたようです。
例によってこっそりと魂の尾をつかみ、本人が寝ている間に色々と悪さをする類いの…。
うちに来たら玄関先でページを一枚一枚ちぎって焚書にしてやろうかと思っていたのですが(編者注:近所迷惑ですよ!)どうもあまりに物書きとしてはマイナーな僕の所は、禁術使い共も見逃していたようです。喜んでいいのかどうだか。
ともかく、奴らが放った呪いは一カ所で処理されても、世間に文書を発表している人同士の横のつながりを利用し、新たな獲物を今だ探していると考えられます。
どうか皆様、気をつけられますように。
先だって公布された管理者側からのお知らせにもあるとおり、世界そのものを乱す行為に対しての対処は彼らの仕事なわけですけれど、僕たちが自分自身を守ることは自分自身にしかできないのですから。

(参考:マイケルのゴブ紀行 -番外変-
【重要:必ずお読み下さい】マイケルサイトに貼られていたURLについて

さて、文書つながりでちょっと別の話でもひとつ。
以前紹介させていただきました詠唱支援用の魔道書"最速白魔"なのですが、常設書架のほうからは引っ込められてしまっていたようです。
先だってこれのオリジナルを作成なさった方から、以前に「自分用のものを作成したら、それを公開するのもいいと思いますよ(意訳)」とのお言葉をいただいておりましたので、いい機会ということで僕もかねてから作成していたものを、ここに公開してみることにします。

今回は理論は抜きにして直接実践編をどうぞ。
異なる資質をもって戦う皆様にはこちらの圧縮版(理論編/実践編)がお勧めです。

同じようなものを作成し、公開してくださってる方も近頃は方々に散見されてますね。
今度探しまわって、しっかりと纏めてみたいところです。
[PR]
by Rdms_pride | 2007-06-20 10:54 | よしなしごと


<< 白だって 弱体魔法 唱えたい 本当にどうでもいい話 >>