よいでしょう

海で山で島で、明けても暮れても踊りあかしているうちに、気がつけば街では星芒祭が始まっていました。いやはやびっくりです。
モグハウス管理組合でも、今年はいよいよ僕たち冒険者に宛てて、ちゃんとした贈り物を…というつもりでいたまではよかったようですが…。
例によって例のごとく手落ちがあり、結局冒険者同士で本来の受取人を探してきてくださいクポーと依頼されたり、連れ合った人が偶然受取人だったり、思いがけず僕宛のプレゼント引き換えカードをいただいたり。
もう訳が分かりませんね。
とりあえず今年のケーキには困らなさそうです。
ドリームブーツはふわふわとした毛皮が裏打ちされていて暖かくていいのですが、白魔道士のパンタロンだとワンポイントのミニリースが隠れてしまい、さりとて赤魔道士のタイツだと膝当てがはみ出してしまうしで、結局倉庫からバガボンドホーズを引っ張り出してきて合わせてる有様です。
来年はこのブーツにぴったり合うスボンが来ると嬉しいのですが、はてさて。

そうそう、そんな星芒祭初日の夜に、急なことでしたが結婚式にお呼ばれしたので、ありがたく参列してきました。
新婦は僕と同じデュナミス踏破LSに所属する、モンクをメインジョブとして修めているミスラのズィナ・グルノー
忍者や詩人といった便利ジョブも修練を積んではいるようですが、僕が見た感じ個人的には、ナックルを握っているときが一番イキイキしている気がしますね。
新郎さんとはこの日初めてお会いしたのですが、なかなか好感の持てる人物で安心しました。
ただまあ、あまりに新郎さんがズィナ嬢にぞっこんに惚れ込み過ぎているきらいがあるようで、この先尻に敷かれる様子を幻視せずにおれない僕なのでした。
どうか願わくば、二人が対等に手を取り合い、この先の長い道行きを歩んでゆかれますように。

挙式の会場はウィンダスで、様式もそれに伴いウィンダス式でした。
余談になりますが、僕はサンドリア所属ではありますけれど、オフィシャルウェディングの様式ではウィンダス式が一番好きだったりします。
ウィンダス連邦建国のくだりもいい話なのですが、それ以上に、誓いの言葉がいいですよね、ウィンダス式は。
昨今では、己がメインとするジョブのほかに、何かと便利な技を持ったジョブを修めておく人も多いかと思うのですが、このウィンダス様式の挙式では、己がこれと決めたジョブ、その生き方を以て、愛し合い共に歩むと決めた人のために、最期まで戦い抜く、あるいは守り抜くと宣誓するのです。
星の神官ポンピロンピ殿が、その宣誓を受けて答える「よいでしょう」という言葉にもまた、えもいわれぬ感動を呼び起こされてしまうわけですよ。

もし僕が将来、ウィンダス所属のお嫁さんを戴いたら、式はウィンダス様式でいきたいと思います。
でもサンドリア所属のお嫁さんをもらったら、サンドリア様式でいきます。
サンドリア式も大好きです。変わった武器を持ってきてくださるお嫁さん募集中です。
いや、まあ冗談ですが。
[PR]
by Rdms_pride | 2007-12-20 20:31 | よしなしごと


<< 年の瀬ですね 正直、怖いです >>