疑心暗鬼の夜・再び

さて、僕はただいま住み慣れたサンドリアの我が家を離れ、ちょっといつもと違うウィンダス石の区は天の塔に来ております。
なにゆえかと言いますと、あの推理ゲーム「闇のしもべ」が、半年振りの開催ということでして。
不肖この僕も、リベンジを誓いながら馳せ参じたと言うわけでございます。

昨晩は初心者講習会&テストプレイということで、役職を明かした上での雑談を交えた実演プレイに始まり、本番では11人と結構な大人数になったので「闇の王のしもべ」役の人数を増やし、なかなか白熱した試合展開となっていました。
僕は立ち回りが無難すぎて前半に食べられてしまったのですが、観戦モードに入ってみて驚愕。
しもべを追い込む要となる「女神の使者」役の人が、なんと最初のターンで食べられていたという…。
道理で、議論が迷走していたわけです。
しもべからのターゲットとなった人をかばうことができる「騎士」役の人の健闘もありましたが、最終的にはあえなくしもべ側の勝利に終わったのでした。

そんな波乱の昨夜を踏まえて、今夜は本番。
まもなく開始というわけで、どうなるやら戦々恐々です。
[PR]
by Rdms_pride | 2008-10-31 20:54 | よしなしごと


<< 冬の日、競売目録を穴が開くほど... 花を愛で鳥と歌い 風に遊び月で呑む >>