<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

砂丘今昔話

白魔道士の修練に精を出す日々にちょっと潤いが欲しくなったので、ジュノで待機するのをやめて、久々にバルクルム砂丘まで足を伸ばしてみました。

寄せて返す波の音を聞きながら目を閉じていると、思い出されるのは僕自身もまだまだ駆け出しの冒険者だった頃のこと。LSの先輩たちにアドバイスを受けながら、数日にわたる狩り生活に耐える量の食糧と、Lvが上がった後に使えるようになる装備品や魔法スクロールの数々をサンドリアから持参して、セルビナに半ば住み着くようにして修練に明け暮れていたものです。
同じように満足いくLvに到達するまでセルビナに留まる人同士はいつしか顔見知りに、やがてはフレンド登録を交わしてみたり。僕も多分に漏れず、今もよくつるむ友人達の中にも、この砂丘で出会い、共に戦った人が多くいます。

そういえば赤魔道士として最後の限界を超えてからも、何故だかしばらく足が砂丘に向いていましたっけ…無意味にソロの冒険者さん捕まえて花火を勧めたりしてw

さて、そんな回想は脇においておきまして。

門前に陣取りながらソロで頑張ってる人に強化魔法をかけてみたり、若い冒険者に追いすがって町まで走り込もうとするゴブリンを神聖魔法で打ち据えたり。
まあ大部分は目立たないようにインビジを掛けて門前で人の往来を観察していたわけですが、意外に思ったのがサポートジョブを持たない冒険者もそれなりによく見かけたという事でしょうか。

現在の情勢を鑑みると、確かに彼らの多くはベテランの冒険者を主に持つ倉庫番の子だったり、あるいは過去に色々あって人生をやりなおした人だったりする事もままあります。が、中には本当に「つい先日冒険者始めました^^」ってぴかぴかの若手もいたりするので、まったく油断がなりません。
また、サポートジョブを修得していても、やはり手ほどきをしてくれる師匠のような存在に出会えなかった人がいたりすると、端から見ていて心配になるような行為に及んだりするのを目撃します。けっこう前の話になってしまい恐縮ですが、例え余計なお世話だったとしても、サポモでためてガストスラッシュを羊に放つお嬢さんに「ちょっとそこ座んなさい」と声をかけ、あまつさえ青空教室など始めてしまった当時の僕を、一体誰が責められましょうか?

しかし、僕はそんな新米の冒険者達の導き手になりたいとは思うものの、彼らを甘やかしたいとは決して思わないのです。
たとえば、6人でパーティを組んで戦うその横に佇む、高レベルの魔道士、あるいはナイトや詩人さん。Anonymous状態にしていても、重厚なプレッシャーでバレバレです。
そして横合いからの高位回復魔法。ソロで頑張る人へ通りすがりに癒しを祈るのとは訳が違います。そして嘆かわしいのはLvが60台に達してさえ、それをよしとする考えの人物がいるということです。
もし、回復を一手に請け負える魔道士をパーティに加えることができなかった、というのであれば、補助をしてくださる側の人の快い承諾、あるいはその人へのなんらかの返礼をもって認めることもできますが、仮にも白魔道士を誘っておきながら「Lv75の白魔道士が横についててくれるから楽できるよ」とは侮辱もいいところです。丸い四つ足のテーブルがあれば力強くひっくり返すくらい腹立たしい事だと思います。

…話が大きくずれてしまいました。
今の話は後衛、とりわけ魔道士系ジョブの立場に大きく拠った意見でしたが、ともかく新人の冒険者達には、そんな風に己の存在意義を疑問に感じるようなパーティ戦闘を経験させるのはどうかと思うのです。
前衛は後衛を守る。後衛は前衛を支える。鳥が先か卵が先かは分かりませんが、互いへの信頼をもってパーティは成立するものです(基本的には)。
この砂丘においては、勝てない敵に目を付けられたなら素直に逃げてもいいんです。傷付き倒れて、レイズが使える魔道士さんを探すときだって、それを恥だと思わなくてもいいんです。

僕が砂丘に足を運ぶときは、そんな風にまっすぐ育つ冒険者を応援したいとき。
いつかは修練のための旅ではなくて、世界の美しさを探す旅へと、出て欲しいから。


いつしか忘れかけていた、導くという意志を思い出させてくれた同盟です。
熱い紳士の皆様方の心意気を、感じてください。
同盟:セルビナ警備隊
[PR]
by Rdms_pride | 2005-11-29 00:43 | よしなしごと

恩寵の安売り

先日、同じリンクシェルで白魔道士の修練中である友人キムメイムと話していたときのこと。
なんでも、そろそろLv70が近づいてきたので、競売でレイズIIIのスクロールを落札してきたそうな。

レイズIIIと言えば高位白魔道士に開放されてからしばらくは高値が続き、あるときオーブに封じられた魔物が隠し持っていると知れ渡ってからは急激に下落。
ところが別のオーブで前衛に垂涎の的である素材を落とすサソリの魔物の存在が知れてからは、壷たちに戦いを挑むものが激減して解放前より相場が高騰。
そして今はENMと呼ばれる魔物たちの所持品にたまに混じっているということで再び相場下降、ようやく低い価格で落ち着いているというなんとも波乱万丈な魔法ですね。

かく言う僕も、白魔道士を本格的に鍛え始めたころ、数ヶ月前に18000ギルほどで出品されていたそれを落札、今も修得に向けて地道に修練を重ねています。

「で、いくらで買えたんですか?」
「ん〜、8kくらいになってましたねぇ。ほぼ店売り価格と同等のはずですw」

衝撃でした。手前に溶解属性がはさんであれば核熱ですね。いやいやそうではなく。
レイズIIの時代から繰り広げられた「他人のためにしか使えない魔法なのに」論争。人を救うための魔法でありながら数々の悲しみ、ときには憎しみをも生み出してきたスクロールが、今やリフレシュと同じ道をたどることになっていようとは…世の中はわからないものです。

ともかく、かつてよりも多くの人が、自分のためであれ他人のためであれ、白魔道士の道を歩みやすくなったというのは、喜ばしいことだと思います。最高魔法であるという価値に対して、釣り合わない相場だと憤る人もいそうですが、心ならずも倒されてしまったとき、その恩恵を受けられる機会が増えるかも知れないと思えば…ね。

ありがたみがどんどん薄れていると取るか、女神の恩寵はあまねく人々に分け与えられていると取るか。それとも、また大きな変化がやってくるのか?

庶民派の僕としては、できればこのままであってほしいものですが。
[PR]
by Rdms_pride | 2005-11-24 15:51 | よしなしごと

過去の名剣

今現在、僕はサンドリアに拠点を置いて活動をしていることが多いのですが、これはつい先日、所用でたまたまジュノに拠点を移していた時のこと。

ウルガラン山脈に出没する雪ウサギのENM討伐に成功したおかげで懐がそこそこ潤っていた僕は、競売で高Lv赤魔道士向けの装備品の取引履歴を眺めて楽しんでいました。そして例のごとく、青天井に上がっていく赤魔道士向け片手剣の価格を見てため息をつくまでが、ジュノに来るたびの恒例行事となっていたのですが、その日だけは違っていたのです。

取扱い品のリストを下へ下へとなぞっていく僕の目に飛び込んできた文字列。

マイティタルワール  [2]

…あれはまだ、僕がマート老の最後の試練を越えてからすぐの頃。
魔法の精度を高め、威力を上げるアクセサリ類の新調を済ませた僕は、続けて新しい片手剣を手に入れるべく、貯金をしながらこの剣が競売にかけられるのを、来る日も来る日も待っていたのです。
ところが、この剣ときたらジュノに留まっていられるときには決まって姿を見せず、ジュノを離れたときに限って誰かの手によって競売にかけられ、知らぬ間に誰かの手に渡っているのでした。
決して活発ではないその取引ごとに、上がっていく剣の取引価格。
いつしか金策も追いつかなくなった当時の僕は、断腸の思いでマイティタルワールを諦め、失意のうちにサンドリア港の露店で見つけた一振りのアネラスを、以後長い間の友としてきました。

とまあ、回想にふけるのも程ほどに、取引履歴を確かめたところ、10件前の履歴で100万がついているのを最後に、いまや80~90万の間を行き来する程度に落ち着いていました。
かつてはあと少しのところで手の届かなかった武器が、今はこんなにも近くに。
迷うことなく、入札申請。少し低めの価格から1万刻みで上げていったのですが、あの日狂おしく求めた剣は、結局90万で、今ようやく僕の腰に提げられることになったのです。

あの頃より世界が広がった今、この剣よりも優れていると思わしき名剣、銘剣は何振りか世界に存在することと思います。ですが、それらを振るって戦いに赴くのは、きっと僕ではない別の誰かの役目なのでしょう。

とりあえずは、週ごとに風曜日がやってくるのが楽しみになりました。
[PR]
by Rdms_pride | 2005-11-22 12:31 | よしなしごと

公開にあたって

僕の名はイシュカ。サンドリア王国所属の公認冒険者で、種族はエルヴァーン。
今日から冒険者であるところの僕がこれまで見聞きして感じ、記録してきたことを、広く余人に公開する運びとなった…らしいです。

折角なので、自己紹介を兼ねて、冒険者を始めた頃の事を思い出しながら書いてみようと思います。あの頃は自分の成長が手に取るように分かることが面白く、日記などつけている暇がなかったのでした。

時期はたしか、コロロカの洞門やカザム行きの飛空挺航路などが解放され、新たな世界や新たな生き方に、ベテランの冒険者達が沸き立っていた頃でしょうか。
柔らかい木漏れ日がそそぐロンフォールの森で、僕は小型の魔物やオークの斥候相手に赤魔道士の修練を積んでいました。王都での頼まれ物の礼にと貰ったサブリガが思いの外丈夫で、支給装備とのアンバランスさに内心頭を抱えながら人目を忍んで戦っていた記憶があります。
恥ずかしいですよね生足。まあその頃王都の周りは、僕と同じようにして冒険者を始めた人達や、新たなジョブの修練を積むために祖国へ舞い戻ったという先輩冒険者が山といたので、そのうち気にするだけ無駄と気が付く羽目になったわけですが。

初めてもらったリンクシェルは、そんなロンフォールでの戦いの折に、ふと隣で休息する事になったエルヴァーンの女性…ユーノさんから頂いた、黄色いLSでした。
訳あってリーダーが不在との事でしたが、留守を預かるメンバーはみんな僕を暖かく迎えてくださり、僕はユーノさんを始めとする彼らを師として様々な事を学び、時には兄・姉のように相談に乗って貰ったり…。僕もやがては彼らのように、後進の冒険者達をまっすぐ、導いていけるようになりたいと、そう思ったものです。

だから冒険者互助会の設立と、Mentor制度が導入されたときは、素直に歓迎してました。認定を受けてすぐ、サーチコメントにMentorやります、なんて書き込んでバルクルムに繰り出しました。実際にはMentorの意思表示をしておきながらやる気のない上級冒険者が多数という状況を目の当たりにして、なんだかやる気がしぼんでしまったのですが…。
話がずれました。ともかく、今はリーダーの正式な引退に伴ってLSを新調、メンバーも半分くらい代替わりしてしまいましたけど、あの頃感じた気持ちを忘れないように、最初のLSは今も大切に、家具の中にしまってあります。

ジュノのマート老から出された、星をつかむ試練を越えて早一年あまり。
初めてサンドリア王都の門をくぐったあの日から、世界も人も大きく変わりました。
僕は特に強大なノートリアスモンスターと戦うでもなく、複数のジョブを極めるでもなく、その日ごとにやりたい事を好きなようにやってるクチの冒険者です。
そんな僕の手記ですが、偶然辿り着いたり、ふと思い出した折に見て貰えたときには、何かを伝えられるようでありたい、そう願います。
[PR]
by Rdms_pride | 2005-11-22 03:06 | ★ごあいさつ・お知らせ

はじめまして

FF11というゲームが始まってから長い時間が、「私」がそこで繰り広げられる冒険に参加するようになってからも、それなりの月日が経ちます。
自分の冒険や、身の回りに起こったことなんかを、丁度こんな風にブログに仕上げて発信する人も、随分増えたように思います。

はい、今更ですねw
「私」も、そんな様子を眺めていて楽しそう、と思い、そして今日から、新たにこのブログを立ち上げるに至りました。

ブログを書くのは「私」ではなく、ヴァナ・ディールに暮らすいち冒険者。
「私」が思うがままに大地を駆け、己を研鑽し、世界を見て回ってきた、まあ今時はどこにでもいる、エルヴァーンの青年です。

彼が冒険の合間にちょこちょこ書き貯めている、旅日記や覚え書きなんかを拝借して、不定期に載せていく、という設定で参ります。

内容はノンフィクションだけど、「中の人」の視点は極力排除。
出てくるほかのPCさんの名前なんかも、全部世界観に乗っ取った、ヴァナ風の仮名に差し替えちゃったりして、創作みたいな変な雰囲気になるかも知れません。
元々世界観に合わせた名前の人は…えーとどうしようw
ともかく、難しいことは考えずに、つらつらと気合いを入れずにやっていけたらな、と思います。

中の人「私」が書く記事は、このご挨拶が最初で最後になります。以降はヴァナ・ディールの今を生きるへっぽこ冒険者、Ishucaの手記であったり昔話であったり。
それでは、どうか肩の力を抜いて、お付き合いくださいませ。

サイドメニューの構築など、記事アップと平行していろいろいじっていかなきゃですね…。


追記:カテゴリに★マークをつけてみました。
無印のカテはIshuca氏のお話で、★付きのカテはだいたい「私」の話という形で落ち着きそうです。
(Earth 2007/03/07)

追記2:腐れ業者がどこからやってきたのか知るため、アクセス解析を取り付けました。
ご了承ください(´・ω・`)
(Earth 2007/10/15)
[PR]
by Rdms_pride | 2005-11-21 23:03 | ★ごあいさつ・お知らせ