<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

めでたきかな、星の還る夜

またひとつ、世界のありようが変わる日に、立ち会うことができました。
僕という命がこの日まで長らえることを許し給うた女神に、深く感謝します。

ジュノの街は新たな戦いを感じさせる騒がしさに包まれていましたが、そういうのはひとまず置いときまして。
飛空挺に乗り、冬の装いに包まれつつあるサンドリアへ。
いつもは港のモグハウスをまっすぐ目指すのですが、今日ばかりは北サンドリアの閲兵場へ向かうべく、いつもとは違う道を通ります。
工人通りを抜け、装備預かり屋のお姉さんの前を通り過ぎようというあたりで視界が大きくひらけ、見えてきますはサンドリアが誇る6本セットの大ツリー。
ウィンダスの、森の区の噴水に生えた木をそのまま飾りつけた大ツリーや、バストゥークの噴水広場に組み上げられた櫓状ツリーもそれぞれに美しいのですが、やはり我が国のそれには正統派なデザインが魅せる堂々とした華麗さがあります。小細工を弄したり、奇をてらわずとも、よいものはそこにあるだけで、よいということを実感させてくれるわけですね。

とまあ、星と月の明かりをはじくように煌めくツリーを見上げながら、今年の星芒祭の楽しみへと考えをめぐらせていた所で、LSからの通信が。

「雪が降る花火がたーっくさんあるんですけど、誰かいらないですか~?」
キムメイムの朗らかな声が聞こえてきます。雪が降る…というと、アレですか。
「ブリリアントスノーですか。これからの時期に、実にタイムリーですね」
「実は…錬金術の修行で作りすぎちゃったんですよ~」
「そういう事なら、今鞄の空きがこのくらいだから…1セットいくらでしょう?」
モーグリ達の露天販売が、確か一個250ギル前後だったと思いましたが、はてさて。
「差し上げますよ~ 20セットくらいありますからw」
それは、シーズン中に使いきれる量なんでしょうか。
1セットは99個ですよ? 1ダースじゃないんですよ?
「じゃあ、297個ほどお送りしますね~^^ お友達にも分けてあげてください^^」
「ありがとうございます、がんばりますよ~」

急いでモグハウスに戻ってポストを開けると、自分宛てに送った属性杖数本のほかに、きっちり3セットのブリリアントスノーと、友人のラブスレブスから届いた虚ろの残滓が出てきました。

僕は受け取った残滓の代わりに、早速彼にブリリアントスノーをおすそ分けして、床に就いたのでした。
彼と僕の星芒祭が、ともに華やいだものになりますように。

余談ですが、キムメイムは配りきれない花火のバザーを始めた模様。
モーグリ達の露天の半額以下で置いているようなので、もし見つけたら買ってあげてください。
[PR]
by Rdms_pride | 2005-12-16 12:38 | よしなしごと

暴力的な彼女のしっぽ

先日は白魔道士の修練をお休みして、エルシモ島にでかけてきました。
「またウガレピかよ」等と思うなかれ、今回は鼻の院からの依頼で、カザム、ユタンガ、それからノーグと、低地エルシモリージョンを駆け回ったのです。

事の始まりはちょっと読書がしたくなって、飛空挺でウィンダスを訪れたときでした。
港から目の院を目指して水の区に入り、常ならば左手に帽子屋、右手に鼻の院を眺めてまっすぐ北上するのですが、そのときは鼻の院前を通り過ぎようとしたところで、屋上から悲鳴と怒号が聞こえてきたのです。
その場でのんびりしていたタルタルさんは不安げに屋上を見上げ、次に縋るような目で僕の事を見上げます。その視線に堪えられなかった僕は、屋上の様子を見にそーっと階段を上りました。
植え込みの影から様子を窺うと、黒い鎧をまとったミスラさん(罪狩りと呼ばれるその筋では有名な方々だそうですね)がよく僕たち冒険者に頼み事をしてくる院のタルタル・リーペホッペ氏をつるし上げている所でした。
首根っこを掴まれてぷらぷらと揺れている彼と目が合ってしまい、僕も鼻の院とこのミスラさんの手伝いをする羽目になってしまったのです…。

ともあれ、同じLSに所属するナイトにして僕の心の師・ティオフィール殿と、鼻の院からの同行者・イルディゴルディ氏と共に、カザムで聞かされた「滝が見える丘」を目指しました。イルディゴルディ氏はイフリートの釜から回り込んで丘の下を調べ、僕たちは丘の上を調べるという手筈になっていたのですが…現場で合流して、声を掛け合った瞬間、蜂の群れが僕たちを取り囲んだのです。
ユタンガ大森林に広く生息するデスジャケットとは違う、好戦的な種のようで、下を見下ろすとイルディゴルディ氏も同じ種の蜂たちに追いかけられているのが見えました。

まあ、さすがに二人でかかれば物の数ではなかったのですが、第一波を片付けて一息ついたところで、もう一度同数の蜂が襲ってきたのはちょっと勘弁してほしかったものです。

「もしかして、一人五匹って勘定になってたんでしょうか」
「そうかもね」
「どうせなら一度で済ませてほしかったかも…。」

しかもこの場所自体にはさしたる意味はなく、単に話を聞かせてもいいかどうか、判定するためのトラップだったとか。
僕のなかで、カザムのミスラさん達に対する見かたが大きく変わった一件でした。

その後はノーグまで更に聞き込みに行ったり、ボスディン氷河に逗留する研究員の元へ協力を仰ぎに行くことになったり…こうやって書き出すと、鼻の院ってかなり人使い荒いですね。もっとも、罪狩りさんの相当な人格破綻ぶりの前では霞んでしまいますがw 罪狩りさんに記憶が飛ぶまで殴られたら、普通のか弱いタルタルさんは物忘れでは済まない気がします。
僕のなかで、伝統的なミスラさんをお嫁に貰ってはいけないという考えが、確たるものになった一件でした。

ともかく、一時はどうなるやらと思った旅でしたが、無事にウィンダスまで戻って報告することができました。
手間賃代わりにもらったカシュネという仮面ですが、僕としては…バルキリーマスクあたりの形状を模した方が、もっとバカ売れだと思うのです。
その辺どうでしょうか、リーペホッペさん?
[PR]
by Rdms_pride | 2005-12-12 20:56 | たまには冒険者っぽく

すべてが誇らしき出会いでした

「記事中にたまに人の名前が出てくるが、マジで名前だけなのでどんな人なのかさっぱりさっぱり」という突っ込みを頂きました。さっぱりさっぱりって、どこの妖精ですか。

妖精はさておき、人に読んでいただくようになったからには確かにもっともな突っ込みでしたので、手記の中で名前が出ている友人、また先輩達については、手記とは別の形で、「僕にとって」どんな人物であるかをメモ程度に書きとめておこうと思っています。

慣れないこともまだまだ多いですが、これからも気がついたことには色々突っ込みを下されば幸いです。

※編者からのお知らせとお願い※
このカテゴリのエントリーは、基本的にトップには来ないようにし、記事中の灰色の人名からのリンクで参照できるようにします。
なお、「ごあいさつ・お知らせ」での記述通り、全て仮名となっていますので、ゲーム内でサーチをかけてそれらしい人物の該当があっても、当blog絡みでのコンタクトは取らないようにお願い致します。

[PR]
by Rdms_pride | 2005-12-05 16:32 | 自慢の友人達

その姿はボムに似ていた

ここ最近にわたってやっていたことをよくよく思い返すと、なんだかウガレピ寺院に奇妙な縁がつながりつつあるように思えます。

同じLSのメンバーで後輩赤魔道士・リファルクスの最後の限界突破へのアドバイス(と手助けと称したスパルタ)に始まり、ハクタクの眼を集めきった、こちらも同LSメンバージャーニィユーニィのハクタク討伐隊に話のタネということで混ぜてもらったり、怨念洞の奥地を調査するために必要というランタンをトンベリ達から巻き上げる手伝いにも赴いたり…。
白魔道士の修練でも怨念洞に行きました。編成は忍竜モ白赤吟のLv63~65、僕がサポートジョブとして選択した召喚士の技もささやかながら役立って、トーメンター(白いトカゲさんですね)が大変おいしゅうございました。

さて、話は変わりますが、ウガレピ寺院の奥に位置する怨念洞には、アルタナの子らへ向けられて渦巻くトンベリ達の怨念の象徴として、「怨みの炎」なるものがあちこちに灯されています。
触れた人間を呪うというそれに、探険に行った折に知らず知らず呪われて、カザムの族長に叱り飛ばされた人も多いのではなかろうかと。
そこで困り果ててカザムの知恵袋・ロマーミーゴ師に相談をしに行く人、実害がないから放置する人、とまあ対処は様々だったようですが、僕としてはもちろん気持ち悪いので、呪いを解くヒントを元に怨念洞へもう一度行きました。そして無事呪いの具現をはたき殺したわけですが…。

僕の身に纏わる呪いは、今も解けることなくそのままなのです。

実は冒頭の話よりもずうっと前、僕自身が最後の限界に挑戦していた時期にもずいぶんとウガレピ寺院に入り浸っていたことがありました。そのせいかどうかは知りませんが、僕に対する怨みの炎は他の人に対するそれより幾分かしつこいようでした。

実害はないようだし久しく寺院へ用事があることもなくなっていたので、仕方なく放置していたのですが、ここのところ妙に用事が増えたので、いい機会だしもう一度お祓いに挑戦してみることにしました。もちろん先日寺院に調査の名目で突撃して、同じように呪いを受けたと思われるLSのメンバーも巻き添えですw

結果はこの後ろに追記しようと思います。
だめだったら…今度は裁定者のお世話になるかも知れませんねぇ。

More
[PR]
by Rdms_pride | 2005-12-01 12:57 | たまには冒険者っぽく