<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

死せるは苦しみ

生けるも苦しみ、それはさながら輪の如し。

今の世の中はちょっと(いや、かなりか)ギルの流通量が増えてまして、言うなればインフレ状態だというのは、頭では分かっている事なのですが…。

今我が家に、かつてない金額のギルが転がり込もうとしています。
素直に喜べばいいのでしょうが、持ったことのない金額なので使い道に悩んでしまいます。
モグと二人で額を突き合わせて悩むものの、今の世間一般から言えば半端な金額の大金なので、あまりに高級な装備には届かないが、そこそこの装備ならいろいろ買える…といった按配です。

きっかけは我がLSのお父ちゃん、ジブロさんの放った一言でした。

「印章BC戦いかん? 貯まってきたからちょっと使いたいんよw」

そのときLSに繋がっていたのは彼と僕、アリスタくん、レミネス、そしてLSのお母さん的存在のフェルシアさんの5人。みんな幸いなことに獣人印章の数には余裕があったようで、よしやろうという事になったのですが、この人数では6人向けのBC戦には挑めません。

「となると3人向けを交代で、かな」「『光る眼』いきたいでーすw」「あれって前衛忍者推奨でしたよね、40に着替えられる人何人いましたっけ?」「わたしLv46だよ」「ごめ、俺37だw」「僕も37なんですよ…」「まだ20台です…;;」「忍者一人でも行けなくはないそうですけど、事故りやすいのとこのままだとフェルさんが一人で5戦出ずっぱりに」「そりゃきついな」「あー、じゃあ、おばけとかどうですか?」「どんなのでしたっけソレ」「こないだポピィと二人でジョニーさんに連れてってもらったんですけど、簡単な割りに当たりが大きいんですよw」「ふむ、赤ナ忍で簡単ということは」「今回忍者できる人いないからジブロさんがシーフでタゲ回ししたらいいかも」「念のため、ハイポ多めに持参だな」「赤より白のがMPに余裕できると思います」「じゃ僕も白ですかねぇ…」

というわけで、各自準備万端整えて、フェ・インへと向かったわけですが。
「あ、サポ黒のままだった…まぁいいか」
よくありませんでした。戦闘に際して、かなり後悔する羽目に。

メンバーはジブロさんがシーフでレミネスがナイト(共にサポートジョブは忍者)、僕・アリスタくん・フェルシアさんの3人は白で交代で参加、ということになりました。

「オーブ出す順番はダイス振って小さい順にしましょうか」

と僕が言いながらダイスを振ったら、見事に先鋒になってしまい、なんだかイヤな予感が…。
開始前にフェルシアさんに装備見せてね〜と言われ、何だろうと思ったらマジシャンピアスについて突っ込まれつつ、エーテルリングを貸してもらいました。

「+5だけど、ないよりはいいよね」

この+5(と、慌ててチェンジしたファントムピアスの+8)が首の皮一枚を繋いだのでした。

打ち合わせどおり、斬られたサムソン氏に戦いを挑みます。
十分な距離をとり、前と後ろから攻める二人をサポート。滑り出しは順調…と思ったのですが、唸りともすすり泣きともつかぬ詠唱とともに、シャリンシャリンと小気味いいけど嫌な音が…! ディスペルを詠唱しようとしてはたと気がつく、今の僕は白魔道士。赤/白が正解かこれ!騙されたwwww 等と思いながらパラナと回復に追われ、弱体魔法やバパライラ・バブリザラをかける暇もない苦しい展開に。
ヤグドリだけではどう見てもMPが足りず、二人にもハイポで補助してもらいながらアクアムスルムをガンガンあけてMPを補充します。が、あとちょっとという所でレミネスが力尽き、続いてジブロさんも…サムソン氏のターゲットは、この時初めて僕へと向きました。
腹を決めて、耳装備の増幅変換をモルダバイトにチェンジ。殴られながらアクアムスルムをさらに4本あけ、バニシュIIを詠唱。これを通せば僕らの勝ち、阻止されれば敗北です。

そして、光がサムソン氏を貫きました。
"なかなかの太刀筋だったぞ…。"
との言葉を残し、サムソン氏は闘技場の白い床へ溶けるように消えていったのでした。
…それはそこでのびてる二人への言葉ですね?

ともかく、あと二度ほど小突かれたら倒れそうな体を引きずって、箱を開きました。
中にはおばけらしく布類の戦利品と、供物の免罪符に甘露の免罪符(初めて免罪符というものに触りました)、それからなんか宝石と、トレーラーククリにエルシヴイヤリング。

倒されてしまった二人には悪かったのですが、これでしばらく生活費には困らなさそう、と思っていたら、外からパーティ通信を通して歓声が上がります。何事?と思い聞いたことには、
「今エルシヴイヤリングすごいんだよ。これ全部売ったら700くらい行くかもね」
最後に見たときは60万くらいだと思っていたのですが…世の中の流れは速いですね。心底驚きました。

あとの4戦はもう大当たりしない気がするw というジブロさんの不吉なつぶやきに、そんな事いうとほんとになりますよ、と突っ込みながら、残りの4戦は観戦にまわることにしました。
使い残したヤグドリは全てレミネスに託し、僕の戦闘を踏まえて戦術をちょっと検討しなおし、いざ突入。
わりと危ない場面がありながらも、どうにか戦闘不能者を出すこともなく4戦が終わって、自分のこまごまとした見通しの甘さと白魔道士としての経験不足を痛感しました。
もしサポートジョブを召喚士に設定しなおしていたら? あそこで祝福を願うことができていたら? 敵がおばけだと知っていながら、なぜアイススパイクの存在を失念した?
全勝できたことだけが救いでした。まだまだ僕には精進が必要なようです。

あ…エルシヴイヤリングが出たのは結局僕だけでした。
だから悪いことは口に出しちゃだめって言ったんですよー!

ともかく、赤魔道士の装備をちょっと充実させるか、それとも白魔道士や召喚士のこれからを視野に入れるか、思案のしどころです。合成の修行は…鞄や金庫のスペースを確保することから始めなければならないので、ちょっと気が進みません。
なんにせよ、全ては競売に突っ込んだ戦利品が取引されてから、ですね。


追記:あのおばけ達はディスペルを無効化する能力があったようです。
とは言え、各種補助魔法の存在を考えると、単純にジョブの選択を正解不正解でくくることはやはりナンセンス。ポピィさんが赤魔道士で戦ったことを思うと、このBCではジョブに関わらずいかにベストを尽くせるか、が大事かも知れません。

追記2:トラックバックピープルなるものに、登録してみました。
ほかの冒険者の方々が書かれた文書にも、興味深いものが数多くありますね。
これから、お世話になります。
f0004261_1425092.gif
[PR]
by Rdms_pride | 2006-01-30 14:33 | たまには冒険者っぽく

苦労は買ってでもさせたいロートルの呟き

最近LSの若いメンバー二人が、そろってマート老の最後の試練に挑戦しようという時期にさしかかっているようです。
二人で連れ立って獣人拠点の奥地にスキル上げへと出かけたり、「ためしに挑戦〜」と言ってはあっという間にマート老に追い返されたりしているのを見るにつけ、僕にもあんな時期があったのだなぁ、と懐かしい気持ちがこみ上げてきます。

「ベドーでレミの証をとるついでに、あたしの片手剣スキルも一緒に上げるんですよー^^」

と、心がけも非常に感心なのですが、僕としては少し心配になったことがありました。

ナイトのレミネスと赤魔道士のポピィ・ルーナーンの二人は、それこそ駆け出しのころからずーっと二人三脚で、何でも二人で乗り越えてきた(いや、もちろん二人だけじゃどうしようも無いことについては助け舟が出ましたけどね)わけですが、そんな二人が初めて、別れ別れに一人きりの試練に臨むことになるのです。
フルパーティでの戦い方とペアでの戦い方が違うように、ペアでの戦い方とソロでの戦い方もまったく違ってくるということを、どう伝えるべきか…。
とは言え、僕はナイトについては全くといっていいほどアドバイスができそうにないので、レミネスの事はティオフィール殿にお任せすることにして(騎士団の仕事が忙しいようで、最近はなかなか顔を見せてくれませんけどね)ポピィの方に赤魔道士としての限界突破のための心構えをそっと伝えてみることにしました。

ポピィさん、赤魔道士の証を取るときはウガレピ寺院で、是非ソロで頑張ってみてください」

すかさずこれを聞いていたLSの他メンバーから突っ込みが入ります。

「そんなん言わんと、いっつもレミと一緒におるんやから、二人で狩ったらええやんか」
「証は二人で取れても、マート老とやりあう時は強制ソロじゃないですか。今から慣れといたほうが楽ですよ」
「片手剣スキルがちょっと足りないかも…」
「あー、えーと、それなら最初は二人で頑張って、スキルが上がってきたらソロ挑戦ってことで…」

結局、この二人は離れられない予感。
いいんです、赤魔道士のある意味異様なしぶとさを認識しておけば、いざって時の動き方も変わってきますよって方向に話を広げたかっただけなんです…決して二人が異種族同士のクセにわりとらぶらぶなのが妬ましかったわけではゲフンゲフン。
いっそ最後の試練にも二人コースがあればいいんです。
マート老は一人じゃ大変なんでバストゥークからデーゲンハルト氏を招いてツープラトン。
難易度がかえって上がりそう? 知りませんよ、スリプルは効くんですからどうにかなるでしょう。

冗談はこのへんにしておきまして…。
無事に二人揃って限界を超えた暁には、さらにお互いの大切さを深く理解し、支えあっていける名コンビになってほしいものです。
そういえば、ソロはソロでも壷を倒すソロとマート老を参らせるソロは大分やり方が違うって話もし忘れていました…そのあたりも聞かれたらちゃんと説明しないといけないですね。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-01-20 18:50 | よしなしごと

ちんまいヤグード・縦長ゴブリン

どうやら無事つづきました。前半はこちら。

さて、色々あって、オズトロヤ城へ行きたいヤグード帽子の人と、ムバルポロスに用事があるゴブリン帽子の人・総勢8人で共闘する、という方針になりました。
ジョブ編成としては、赤赤召召吟シ戦暗。

オズトロヤのお宝(?)を守るのは、いつもは天守閣で現人神不在のときに玉座を暖めているヤグードアバターさんと、その脇を固める6人の精鋭たち。8vs7の構図ではありますが、そのまま行ったら普通に返り討ちです。まずは戦力を分断する必要があります。
そこで僕たちが採用した作戦は、召喚獣たちによる陽動と、眠りと忘却をもたらすスリプル系魔法を駆使して、アバターさんだけを孤立させる、というもの。方針が固まったときは、理にかなった作戦だと感心すると共に、討伐LSなんかで場数を踏んでいる人というのはやはり色々と違う物だ、と思いましたね。

しかし、始めてみれば敵もさるもの、凄まじい精神力でスリプルをレジストする奴もいたりして、逆にこちらが追い詰められる有様。
作戦を立案してくれた戦士さんが、苦々しくつぶやきます。

「火力が、欲しいですね…。」

そのとき、オズトロヤの冷たい土床と仲良くしていた僕の脳裏に、ある二人の人物の顔が浮かびました。
彼らならきっと、僕たちの力になってくれるはず。
ホアン君の方もLSに声を掛けてくださっていたようで、白魔道士のゴマソーマさんと、黒魔道士のチャココさんが駆けつけてくださいました。レイズIIで助け起こされながら、サーチを掛け、Tellを飛ばします。
戦闘不能で転がっている時から、LSに繋いだまま暇そうにしていたメンバーに、先にサーチを掛けてもらっていたのですが、やはり自分で現状を確認しないことには最終的に声を掛けて良いかどうか決めかねますしね。

衰弱で頭をフラフラさせながらも、目的と現状をかいつまんで説明したところ、二人とも快く戦闘に加わってくれることになりました。
かくして、会心の出来だったというカレーを焦がして(クリスタル合成ではない、本気のカレー…南無です)くだを巻いていた盟友ギュスターヴと、サポシでジ・タを荒らしていた、歌って踊れる赤魔道士ヤクサスルクサスの二人、さらに蘇生のついでに見物〜^^と、タルさん二人も残ってくれて、大幅な戦力アップ!
これでアバターさんをすごい勢いでへこませられる事、請け合いです。

ちょっとしたトラブルがありながらも無事オズトロヤでアバターさん一味をへこませることに成功した僕たちは、次に遙か南西のムバルポロスを目指しました。
モブリン達の街での傭兵募集に応募しようとしたが道に迷った、という少々間の抜けたクゥダフの代わりに届け物をしなければならないそうなのですが、いくらゴブリンっぽい帽子を被っていても、見とがめられたら騒ぎになるのは明白です。

さあどうしよう? となったところで、誰かがぽつりと言いました。
「もっと大騒ぎになったら、見とがめられてもわりと平気かも」
それに応えるように、召喚士のふたりが、にやりと笑って、幻界の門を開きます。
そして、おもむろに手近なモブリンへ攻撃を命令。
後ろ頭をこづかれたモブリンが、怒りに満ちた眼でくるり、と召喚獣のほうを振り向き、ナイフをかざして反撃しようとしたところで、突然召喚獣は走り出します。当然後を追うモブリン。
召喚獣は荷物をえっちらおっちらと運ぶバグベアの脇をすごい勢いで走り抜け、道ばたで雑談に興じるゴブリン達の間を割って通り…あとはもう、お分かりですね。
先頭には召喚士、その後ろに召喚獣、さらに後ろにおびただしい数のムバルポロス市民の皆さんが、大マラソンを繰り広げる、大騒ぎの坩堝…その間に、ゴブリンの帽子をかぶった怪しい一行が、目的地へと向かいます。
ゴブリン達とは結局なんか揉めて戦闘になってしまったのですが、オズトロヤでの一戦を経た僕たちの華麗な攪乱戦法の前に、彼らは戦列をズタズタにされて、降参し刃を納めるほかなかったのでした。

ようやく全てを片付けて、エスケプで北グスタベルグへ脱出すると、みな一様に緊張から解き放たれたようで、なごやかな雰囲気が戻ってきました。

僕とホアン君の募集に応えて、参加してくれた皆さん。
僕たちの窮状を見かね、助けにきてくれた友人達。
こんな風に人と人との縁が繋がって、一人では完遂しようもない依頼でも、なんとかなってしまうって、すごいことですよね。
そんな事を考えながら、深い感謝を述べるとともに、またどこかでみんなの道が交わり、縁が繋がることを願って、アライアンスを解散しました。

「隊長」等と呼ばれる生活は返上して久しいものの、やっぱりこういう大がかりなことをするのは張り合いがあっていいものです。
僕はいつでものびのびとだらけている訳じゃない、というお話でした。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-01-12 23:39 | たまには冒険者っぽく

羊毛ひとむしり、羽根をふたむしり

あれはそう…少しばかり前の話になるでしょうか。

ずいぶんさぼっていた両手棍の修練にいい相手はいないかと、僕は各地を彷徨い、オズトロヤ城へと久し振りに足を踏み入れたのでした。
赤魔道士の身では両手棍を取り扱うのは難しく、かといってまだ成長の余地がある白魔道士で上層階のヤグード達に手合わせを願うのはかなり無謀。パーティでやってくるならば話は別なのですけどね。
ともかく、その場にいるヤグード達に喧嘩を売るでもなく、僕の足はなんとなく下層フロアの祭壇の間へと向いていました。そうして松明を灯し扉を開いた先の、幽かに届く魔晶石の光に照らされた長い通路で、僕はあるゴブリンに出会ったのです。

ゴブリンは盗賊を生業をしていて、オズトロヤの宝物を狙っていたそうなのですが、ヘマをしてヤグード達に見つかったばかりか、顔まで覚えられてしまい再び潜入するのが難しくなってしまったとか。
詳細は色々不都合があるので省きますが、どうにか再潜入するにあたって「かぶりものを作って変装する」という案が面白そうだったので、僕はそのゴブリンの話を受けることにしたのでした。
折しもヴァナディールトリビューンIIで、ちょっとした記事が掲載されてましたしね。

しかし…そのかぶりものを作るのが、なかなか難儀な事でした。
お察しの通り、僕は殆ど合成スキルを鍛えていません。
で、古くからの友人がそういえば裁縫で師範の認定をもらってたっけなぁと思い、さっそく連絡を取ったのですが、
「ごめ、骨スキル足りないから多分やったら割れるw」
ということで、諦めざるを得ませんでした。
その後は片手間に職人さんを探してたのですが、どうも上手く折り合わず、かくしてヤグード頭衣シートは金庫の中で寂しく寝かしておくことになってしまったのです…。

そんな状況が動いたのは、まさに年始め、あけましておめでとうの挨拶が飛び交うルルデの庭にて。割と長い付き合いの友人ホアンブロアンとごく普通の挨拶を交わした僕は、彼の頭をすっぽりと覆う、見慣れない黒い物体にすかさず突っ込みを入れました。

「それ、どうしたんですか?」
「やーっと裁縫スキルが足りるようになったから作ってみたw 銘入りでw」
「作って! 材料全部あるからお願いしますーー!」

恥ずかしいことに興奮のあまりsayで誤爆しました。周りの皆さんは何事かと思ったことでしょう。
そしてよーく話を聞いたところ、ゴブリンは彼にもまったく同じ依頼をしていた事が明らかに。

「他にもこの話受けた人、そこそこいると思うよ」
「んじゃ、募集かけてみんなでオズトロヤ行ってみましょうか」

そうして、長い長い一日が始まったのです。

後編へ続く。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-01-06 21:45 | たまには冒険者っぽく

流れる泉に1ギル硬貨

少々遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうか、実り多い年でありますように。

年の変わり目にはル・ルデの庭に多くの人が集まりまして、みなで新年の抱負を述べてみたり、世界のありように対して思うところを、声を大にして述べてみたり、カウントダウンで一斉に花火を上げたり、それはそれは大変な騒ぎでした。他人事のように書いていますがかく言う僕も、同じLSの白魔道士、アリスタくんと一緒にそのただなかでバカ騒ぎに加わっていました。いやぁ楽しかった。
場の空気にあてられて、何かあらぬことを叫ばされたような気もしますが、めでたい席でのこと、あまり気にしないでおきましょう。

その後はサンドリアへ帰り大聖堂で祈りを捧げた後、アウトポストのサービスを通じて聖地ジ・タへ。神々の間で女神アルタナへ誓いを立てるのです。今でこそテレポ等で比較的簡単に足を運ぶことができますが、それらが開発・整備などされていなかった、修道士ジョゼアーノの時代には、きっと並々ならぬ苦しみを伴う旅路だったのでしょう。
というかトリビューンで、またあの手の読み物連載しませんかね…。

やることやって安心したので、あとは普通の冒険者活動を再開。
友人の要請に応えてギルド桟橋での立ち回りを援護したり、手当たり次第に冒険者達に依頼を取り付けていた盗賊ゴブリンの所に、それならいっそ、と大人数で集まってみたり。
割と充実した年始だったのではないかな、と思います。
盗賊ゴブリンの話はもう少し詳しく書きたいので、別項を用意することにしましょう。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-01-05 13:43 | よしなしごと