<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

僕も走りながら魔法を唱えたい

デルクフの塔よりもなお高く、雲を突くような建造物を駆け上っていた所で記憶が途切れて、ふと目を覚ましてみれば、そこはいつもと変わらぬサンドリアの我が家なのでした。

何のことかというと、近頃手に入れた、「究極の幻想」と銘打たれた架空歴史書のレプリカを読み解いていたのです。
原本はいつのころからかひっそりと目の院の書架の片隅に放置され、司書さんが本の内容を確かめようとしたところ、その本自身がグラン・グリモアなどと自らのタイトルを語ったとか。その要旨は時代も場所も定かではないヒュームの国の長い長い歴史と様々な出来事で、時折モーグリやそのほかの獣人・亜人達が登場する章がありながらも、我らアルタナの子らのうちヒューム以外の4種族にはまったくもって言及されないという、なんだかいい加減と言えなくもない書物です。
書かれた時代や場所を特定しようとする動きもあったそうですが、本に書かれた魔法に取り込まれる研究員が続出するなどの事故で調査は難航、ただ内容だけは波乱に満ちて面白いので、昔世界が平和だった時代に書かれた物語だったのでしょう、ということで、魔法の力を削いで薄めたレプリカが、この度出回ることになったみたいです。

…そんな危ないもんは禁書にしといてください。
まあ、僕も己の興味には勝てませんので、しっかり入手してみっちりと読み解いていた次第です。寝食をちょっとおろそかにしてしまい、モグさんに心配されてしまいました。
他にも手に入れて読んでいた人は多いようで、毎週定例となっているデュナミス踏破LSへの人の集まりも、微妙に心細い人数に…。
無事踏破できたので問題なし、と言いたいところですが、次回もこの調子ではきついものがあります。なんとかもう少し人員の復帰を望みたいものです。

偉そうな事を書きましたが、僕も人のことは言えませんね。
白魔道士の修練を中断して久しい今日この頃、早いところ読了して冒険者の活動に戻らないと、身体が鈍ってしまいそうです…。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-03-30 00:29 | よしなしごと

ただ乗り越えるだけではなく

降り注ぐ日差しも日に日に柔らかくなっていく今日このごろ。
念願の飲料樽をつい最近やっと手に入れまして、早速モグさんと二人で乾杯したのでゴキゲンです。

さて、前回の手記で片手棍の修行が捗らないとか書いていたわけですが、先日、多くの人の助けによって、奥義ブラックヘイローを無事修得致しました。
モグさんとの乾杯はこのお祝いも兼ねていたわけですねぇ。文章がおかしいのは色々まわっていてゴキゲンだからなので大目にみてくださいお願いします。

事態が急展開した切っ掛けは、LS通信でのレミネスとのちょっとした話でした。

「クリルラさんから預かった片手剣、そろそろ効果がなくなってきた感じなんですよー」
「となると…そろそろ試練の続きに挑戦できる日も近そうですね」
「日取りも決めて、一緒にやってくれる人を募らないと…楽しみだなぁ」
「僕の片手棍も、間に合えば一緒に…と言いたいところでしたが、間に合わなくても手伝いはさせてもらいますね^^」

とまあお互いの都合がつく日を確認したり、LSの連絡メッセージを書き換えたりしたわけですが…
実はこのときの僕の心境は、切実にやばい! といった心地でした。この時点では奥義修得のための試練を受ける資格を得られる段階に、あと一歩というところで、届いていなかったのです。

これは本気を出して頑張らねばなるまい、ということで、ル・ルデの庭で人を募ってはル・オンの庭まで出向いてライトエレメンタルをどつきまわしてスキルを伸ばし、無事必要な段階まで到達したところで(僕の都合だけで解散させるのもあれなのできっちり時間いっぱいやったらさらに+6くらい余分に上げられてラッキーでした)、ウィンダスに出向いて口の院で面談、魔法の片手棍を受け取りました。
ここからは友人のスキル上げに混ぜてもらったり、マート老の試練のための証を求めるシャウトに付いていったり、LSメンバーの修練を兼ねて訪れた獣人拠点で、偶然3人同士ということで組んでもらったパーティの、暗黒騎士のおねえさんにスピンスラッシュをトスして頂いたり(本来は短剣のスキル上げに来ていたそうで、大変申し訳なかったですが深く感謝しております。ボケ殺しについては…【えーっと…】【ごめんなさい。】)ごちゃごちゃ書きましたがとにかく沢山の人の助けをいただきました。ありがたいことです。

…そんな感じで、片手棍にかかった魔法はすごい勢いで消し去られ、決めた日時になんとか間に合ってしまったのでした。

合同で5箇所くらいまでなら回っても大丈夫でしょう、ということでプランの骨格だけ僕が提示し、メンバーの募集や合同でのクエスト遂行依頼のとりまとめなどはレミネスにお願いして、当日まで僕はのんべんだらりとしておりました。
合間にキムメイムから短剣の試練もいっしょにやろうと申し出があったり(Lv74まで放置してたと聞いて驚くやら笑ってしまうやら)、ジュノでのシャウトを聞いた人から片手斧の試練を合同でやりましょうというお誘いがあったりで、最終的には片手剣→短剣→片手斧→片手棍の順番で回ることになったようでした。

人数のほうも16人となり、ちょっと後衛寄りながらも申し分のない戦力が揃ったので、僕はこれからLSが絡む大規模な作戦行動なんかはもう全部レミネスに指揮を任せちゃって良いかも知れない、楽ができるようになって嬉しいなぁとか思っていました。

「ところで、片手剣の試練の場所へはアルテパゲートを開かなきゃならないわけですけど」
「あー…実はよく分かってないですそこw」

…僕の考えは甘かったようです。
首根っこ捕まえて主催は君だろ云々と説教してもよかったわけですが、これから出発ってときに気分を盛り下げるのもあれでしたし、そもそもキムさんが「隊長〜、奥義クエストの合同ツアーのことなんですけど〜」と僕の方へ呼びかけてきた時点でなんらかの心の準備をしておくべきだったのでしょう。
どこから説明したものかと頭を悩ませていたところで、先行していた参加者の人からの「ゲート開いてますw」という知らせを受けたので、みんなで滑り込んでこの場は事なきを得たのですが、図らずもこれ以降の指揮は僕が執ることになってしまったのでした。

まあ、その後は特にトラブルらしきトラブルもなく、順調に予定していた場所を巡って、それぞれの試練を果たすことができました。広く人を集めて何かをやろうとすると、よく指示を聞かない人がひとりふたり混ざって酷いことになるという話は良く聞きますが、今回は特にそのような事もなく、皆が持てる力を充分に発揮できた、よい進行だったと思います。

また近い内に、今度はポピィあたりが短剣の奥義修得の試練に臨んだりもするのでしょうが、その時は横でのんびり見ていられるようであってほしいものです。

それにしても、アライアンスってやっぱり萌えますね。
何だかんだ言いながらも、楽しみながら仕切ってしまいました。
次は出しゃばらないようにしないと…。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-03-15 00:38 | たまには冒険者っぽく

遠き地を想う

以前から片手棍の修行が遅遅として捗らない、とぼやいていたわけですが、焦ってもなんらいい結果は生まれない、ということに、ようやっと気がついたのでした。
というわけで、今週はあまり大きなことはしていません。

強いて言うならば、同じLSのキムメイムのシーフと僕の白魔道士のLvが並んでいたので、すごく久々に一緒に修練にでかけたり(声かけてくれて感謝です)、月並みにENMの討伐にでかけたり、と地道な活動の積み重ねですね。

ところで、ふと気がつけばサンドリアにも桃色の花が咲き乱れる季節が訪れていたようです。
ひなまつりのほんわかした雰囲気が街を包む中、商売っ気を出して菱餅を露天に並べるモーグリたちを横目に、本国のモグハウスへと戻ると、貿易会社で働く姉から小さな小さな小包が届いていました。
開けてみると、ガラス製の小瓶のなかに色とりどりの小さな、ヘッジホッグボムっぽい形の何かが詰まっています。同封されたカードに曰く、
”コンペイトウという東方の砂糖菓子だそうです。試験的に仕入れたものを、妹へのひなまつりのお祝いにしたい、と言って割引価格で分けてもらったので、妹になったつもりで味わってください。”
なんか後半が聞き捨てならない文面ですが、珍しいものを送ってくれたことには素直に感謝することにして、一粒を口に放り込みながら、姉に礼状を書くべく筆をとりました。

口の中に入れた感触は、見た目ほどトゲトゲしておらず、むしろ丸い角…いや、こぶかな? とにかく突起がつるつるころころと舌の上を滑る感触を面白いと感じました。溶け出してくる甘い味で、疲弊した魔法力の回復にもいい効果がありそうです。

丁度その時、LSではレミネスポピィが青水晶をやっと手に入れたなどとはしゃいでおりました。これからさっそく神々の間を抜けて探検に行ってくる、との事だったので、僕は簡単な祝辞と「壁にはまっているドールには気をつけるんですよ」と一言だけ注意を述べ、また礼状の文面を考える方に思考を戻すのでした。

ふと気づくと、口の中のコンペイトウはつるつる感を失い、味はそのままながらざらっとした礫のような感触に変化していました。そうして、からりと砕け、砂のようになって舌の上へと溶け、消えていきました。それはあたかも、年経た建物が廃墟となり、やがて風化して大地へと還っていくように。

天空の廃墟はいつか力を失って地に墜ちる日が来るのでしょうか。
旧きガルカの都は砂に沈み、今もなお砂に蝕まれ続け、日々朽ちていきます。
しかしこの地は僕たち冒険者と出会うことにより、今に蘇り消え行くことを止めました。
そしてまもなく道が開かれようとしている、遠いエラジア大陸。
かの地でも、長い歴史の中でうち捨てられ、風化していこうとする何かと出会うことができるのでしょうか?

冒険者の時代が続く限り、冒険者が世界中を駆け巡る限り、あっけなく風化して無に還る歴史など、ないに等しいと言い切ることができる。そんな時代に生まれ、今冒険者をやっていることを、僕は誇りに思います。

僕は二粒目のコンペイトウを口に放り込みながら、礼状にこう書き記しました。

”親愛なる姉上へ
    幻想とロマンをありがとうございます。
   次があれば是非僕のことは弟としてご紹介ください。
                               Ishuca
[PR]
by Rdms_pride | 2006-03-07 16:28 | よしなしごと

暁星をつかまえたり

またひとつ世界のありようが移り変わり、世間では眠れる神々がどうのアストラルフロウ5連射がなんやと騒がしい様子ですが、そんな事はさておいて白魔道士の修練に邁進する僕なのでした。
あ、話のタネにブレンナーの会場へと足を運んでみましたが、なかなか面白かったです。アレで有望な人材を選び出しエリート銃士を鍛え上げるバストゥークってどんな国ですかと今更ながら突っ込みたくなったりもします。あとあの玉欲しい。

ところで、片手棍スキルの修行により強いモチベーションをもたらすべく、あまり多くない伝手を頼ってモルゲンステルンを入手してみました。

快く相談に乗ってくださった友人達、シャウトでの募集に応えて参加してくれた皆様方には本当に頭の下がる思いです…。
基本はオーブ一人一個の総取り、一人一個しか手にすることができない品についてはお互いに必要とするものを融通し合うという形を取った所、シャウトを聞きつけた一部の人が、戦利品の買い取りをさせて欲しいと申し入れてきたりで、常よりも賑やかな道行きとなりました。

相手はイビルオスカーと呼ばれるモルボル種の凶悪なNM。
対するメンバーはというと5名を召喚士さんで固めまして、僕自身は事故が起こったときの保険、と自分に言い聞かせながら白魔道士での参加。
…いや、あれを「参加していた」と言って良いのかどうか、正直僕は自信が持てません。召喚獣たちがモルボルをどつき回すのをただただ眺めているばかり、みな手慣れた様子で危機に陥るようなこともなく、まったく出番がないままつつがなく6戦全てを終えることができてしまったのでした。
そのくせ普通に競売で取引できる品としては一番値の張るものが僕の番で出たり…。折角だからご祝儀ということで売上の何割かを参加してくださったみんなに分配しようと思って出品したら、出した途端に50万ほど値崩れして返品されてくるとか、一番の目的は果たせたはずなのに、このやるせなさは何なんでしょうね。

ともかく、心当たりの人がおられましたら、割とささやかな額なのでそれほど期待しないで、ポストを覗いてくださると助かります。

と、つらつらと書いてはみたのですが、その一方では武器スキル修練のアライアンス募集にあぶれてしまったり、なかなかタイミングが悪く足踏みを続ける毎日です。
まあそのお陰で、ぷらぷらしていたら友人のヤクサスルクサスが半アラ程度の人数を率いてミザレオ海岸で巨人族のNMをピーピー言わせてる現場に遭遇できたりもしましたが。
まあ混ざってけwとばかりに問答する間もなくパーティ勧誘を受け、入ってみればえーと…黒黒黒黒黒暗、赤白白?

「あと忍者が一人来るから〜 みんな、白2になったから思う存分逝けるよw」
「いや…確かにもうレイズIII使えますけど逝かないに越したことはないような…w」

ともあれ、折角だから記念に、とNMをおびき出すための盾を手渡され、言われるままに現場へと盾を持っていきますと、ぬうと太い腕が頭上から伸びてきて、僕の手から盾を奪い取りました。
すかさず僕の横についてくださってた忍者さんがそいつに挑発し、あとは黒魔道士の皆さんが散らばりながら精霊魔法を浴びせかけます。猛り狂って地面を揺るがし、咆哮をもって高位の雷系魔法を行使する彼の破壊力はかなりのものでしたが、標的を定めさせない戦い方の前には剛腕からのグランドスラムも絶叫のようなサンダガIIIも功を奏さず、やがて僕たちの前にその巨体を頽れさせたのでした。
いや、僕個人は走り回りながらぶっ飛ばされて戦闘不能になった人を助け起こしたり、遠くからどうにか高位ケアルを飛ばしてただけなんですけどね。
そして、戦いの合間にルクさんから届いたtell。

「麒麟ともこんな感じで戦うんだよー」
「へぇ〜〜」

大規模な戦いも中・小規模の戦いも、その定石に違いはなく、基本を忘れずに挑めば危うき戦いはなし、というわけですねぇ。
ドロップは残念ながら何もなしでしたが、面白い経験をさせてもらいました。

短期間に目的も状況もまったく異なる二つの戦いを経て、思ったこと。
どうせやるなら、多少なりとも役に立てるようでありたい。
割り切ったつもりでいても、事実はやはりとても重たいものです。
別件で何か恩返し、と思っても、召喚士の人はソロか召喚士同士で集まれば、大抵のことはなんとかなってしまうと言いますからねぇ…。

やはり、白魔道士としての目標を達成したら、改めて召喚士の道に入っていくべきでしょうか。
あるいは、全く異なるアプローチを模索するべきか…悩みの種は尽きまじ、です。
[PR]
by Rdms_pride | 2006-03-03 00:51 | たまには冒険者っぽく