<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

伝説の機獣 〜初めてなので優しくしてくださいII〜

僕たちが暮らす顕界とは隔絶した時間が流れる世界、リンバス。
ある古い文献には辺土または辺獄と訳され、あるべき所へと逝く事を認められなかった魂が逝き、留まり続けるところである、とも記されています。
果たしてすべてを鵜呑みにするわけにも行きませんが、生きとし生けるものすべて女神が見守る下でクリスタルに還る事を約束されたこの地において、なおも留まり続けるもの、とは一体なんなのだろう?

その答えの一つを、先日垣間みてきました。

事の始まりは数日前。

「今度オメガと戦うから、できれば来てね」
「はぁ。行けたら行きます〜」

オメガというのはこれまた古い文献をあたってみると、古代ジラートで作られていた兵器の名称らしく。
どこからかまことしやかに流れてきた噂によると、ジュノお抱えの研究機関がそいつをどうにか再現しようとしていたそうで。
それが再現できたとして、ぶつける先が獣人であればまあいいかも知れませんが、一体何に使うのかと思うと、なんかこう、げんなりとした気分になってきませんか?
それにしても、なんというやる気のない僕の返事。
ですがまったく動じないクラトス殿。リーダーの鑑ですね。
ということで召喚士の修練に邁進しつつ(とうとうアニバーサリリング使い果たしました…)その日を待ったわけですが。

事前に聞いた話ではサポ暗使いを何人か揃えて、行動を徹底的に制限しながら最後は黒魔道士の一斉砲火で仕留める、という計画で、僕も当然その一人として赤魔道士で準備をしていました。
なんと言っても初めて相対する敵ですからね。準備・対策はしてもしすぎるという事はないでしょう…と思いながらジュノ港で待機しつつ略式詠唱の最終チェックまで行っていたのですが。

「イシュカっち、白よろしく」
「マジですか。…了解ですw」

LSに繋いでる面子を見たら白魔道士で出られそうなのが僕だけだったようです。
代わりにさっきまで黒魔だったリーダーが赤に着替え直してました。
白魔道士に着替えられる人自体はいたんですけど…詩人とか黒魔道士でオーダーが出ちゃってましたしね。
そんなこんなで、揃った面子はナ忍白赤黒 暗戦青赤 黒黒黒黒赤吟。
僕が配属されたのは例によって盾PTです。
アタッカーPTと黒PTの赤さんがサポ暗で、僕と同じPTのひとはサポ白でした。
僕の他にも初挑戦の人が10名ほど…果たしてどうなることやら?

ということで、花のような姿で佇むユブヒに赤いカード状の物体を吐かせ、黒い渦が巻き続ける現場へと。
どうでもいいんですがずっとあそこに立っていると、なにか冷えたものが染み込んできて、だんだん寂しい気持ちになって来ませんか?
なりませんか、そうですか。

最終ミーティングと強化魔法の展開を済ませて、いざ突入。
林立する朽ちた柱の向こう側に、ずんぐりとした巨体を四つ足で支える、そいつの姿が見えました。
機械のようでもあり、生き物のようでもある、どこかで見たようなそいつに盾役の二人が素早く注意を向かせ、次いで弱体魔法の数々が浴びせかけられます。
しばらくは黒魔の皆さんが軽い精霊魔法で少しずつ体力を削り、僕はと言えば盾役の二人の補助、すなわち戦線の維持に心血を注いでました。
スタンキャノンを二度まともに食らって、一度目は自分の麻痺から治したらすんなり行ったのに、二度目は盾の二人を優先しようとしたら二度も詠唱を完了できなくてちょっと泣きそうになりましたね。
というか範囲広すぎです。

さて、途中で立ち上がるとは聞いていたのですが実際に間近でみるとなかなか迫力がありますね。
こういうときは「クララが立ったー」と合いの手を入れるのがお決まりらしいのですが(昔の訓話に出てくるヒュームの少女の名前ですね)、残念ながらそんな余裕はなく。
攻め手交代でアタッカーチームの面々が全力で殴り掛かるのを応援しつつ、不慮の痛打に対応するために気が抜けない局面が続きます。
再び四足に戻る時にごろり、と射出されたというか宙に転がり出てきた丸いガンポッドの処理に少し手間取り、後衛側に来るのを阻止してくれた青魔さんと黒魔さんの一人が一瞬で倒される一幕も。

と、色々ありながらもじわりじわりと削り続け、最後は連続魔スタンをリーダーともう一人の赤魔さんが発動して追い込み。
多少暴れられてレーザーシャワーに巻き込まれた人も出ましたが、大きく崩れることもなく、プロトオメガは古代IIの雨の前に機能を停止したのでした。
余談ですがそのレーザーシャワーを食らった時にケアルガ分のMPもおぼつかず、祝福を請おうとしたら遠すぎて盾役一人しか巻き込めなかったとか間抜けな失態を晒した白は僕だけでいいです。
あ、この言い回し前も使った…。

ともあれ、ドロップは尻尾と…どこだっけ、眼?
無事に必要とする人のもとに渡り、やれやれと胸を撫で下ろしました。

古い古い文献に書かれていた事に一分でも真実が含まれていたならば、あれは気の遠くなるような年月の間、朽ちる事も持てる機能を失う事もなく、あの場に佇み続けていたことになるでしょう。
古代の計り知れない技術がそれを可能にしたのか、それとも…。

あの世界はもしかしたら、時間が止まっているか輪のようにでもになっていて、どんな事が起こってもあらかじめ決められた段階まで戻って、何もかもなかった事にしてしまうのかも知れない。
時折そんな事を考えるようになりました。
それを思うと、あの地に棲まう、見た目は顕界に居るものと変わらない生き物や獣人たちも、もしかしたらなにか特別な云われがあってあの地に封じ込められているのでしょうか?
疑問は尽きる事がありませんね。

ただ書けることは、あれがそのまま顕界に出てくる事も、今を生きる人の手によって完全に再現される事も、叶う事がなくてよかった。
リンバスが、隔絶された常世の地で、本当によかった。
[PR]
by Rdms_pride | 2007-05-28 15:27 | たまには冒険者っぽく

もう入りません勘弁してください

日々の生活に少し余裕が出てきたので、久々に召喚士の修練を再開してみました。
Lvは62。
ENMの討伐などでたびたび着替える機会はあったのですが、それにしたってLvを制限される場での活動がほとんどでしたから、エボカーアタイアなんかもう袖を通すのが何ヶ月ぶりかという領域です。
ああ、樟脳の香りが…。

まあそれはさておきまして。
ちょっと参加希望を出す時期を見誤ったか、主立った通常編成のPTはもうアトルガンを出発してしまっていたので、あとにはぽつぽつと、フルPTを編成するにはピンとこないジョブの人たちが残るばかり。僕も含めて。
ならばこれまた久々にイフリートの釜にでも足を伸ばしてみようか…と思ったところで、ふと、同じLvの召喚士さんが参加希望を出しているのに気がついたのです。

エラジア大陸側に傭兵として人が流れ気味な昨今、コンクェストの結果が思わしくない(バルドニア落とされ過ぎ!)ことを憂慮した四国協商会議でシグネットの強化が決定されてから、しばしの時が経ちました。
せっかくだから、自分もそろそろ、その効果のほどを体験してみようではありませんかと、こう思った訳ですよ。

かなりドキドキしながら声を掛けてみたところ、「あまり慣れていないのですが」と前置きをいただいた上で承諾してもらえました。
欲を言えばあと一人…と思いウルガランにいた同Lvの獣使いさんにも声をかけてみたのですが、そちらは残念ながら承諾をいただけず。
あとでティオ殿に聞いたところによると、獣使いはやはりソロのほうがこのLvでも稼ぎやすい、と。
そういう事であれば仕方がないですよね。よく知らないまま失礼しました。

ともかく、自分は白魔道士に一度着替えてテレポヨトで、相方となってくれたヒュームの召喚士さんを送り届け、デジョン兄ことカドゥルさんに白銀貨を払ってサンドリア経由で合流。
余談ですが高地エルシモも獣人支配になっていた事に気がつかず、ヨアトル大森林のOPまで辿り着いてがっかしながらデジョンする羽目になった間抜けは僕だけでいいです。うう…。
ここからは自分自身と相手、それぞれの召喚獣しか頼る物はなし。
東口から踏み込み、まずは灼熱の回廊に通じる炎の壁に居着いているボム(ヴォルカニックガス)を目指して駆け出したのですが、どういうわけかボムは不在。
なにかと思えば、ちょうど石碑巡礼に訪れていたアライアンスがいたらしく、道すがら撫で斬りにされていた模様でした。
そこで急遽転進、カザムのミスラ達に祭られている火の王の祭壇方面に向かってみれば、そこでようやく、かつての記憶と変わらない、活きの良さそうなボム達の姿を発見することができたのです。

さっそく岩陰の死角に引っ込んでカーバンクルを召喚。
一人でやる時であれば、戦闘を開始した後はひたすら息を潜めて待つのが定石ではありますが、今回はふたり。
片方の召喚獣が維持できなくなっても、もう片方の召喚獣が再召喚までボムを引きつけてくれているので、あまり広範囲に走り回らずともうまく戦えます。
均等にターゲットを回してしまうと倒される間隔もほぼ同じになってしまうので、プチメテオを使ってうまいことターゲットを持つ割合を偏らせてみたり。
一度ヒーリング中に背後に沸かれてしまいヒヤっとした局面もありましたが、多少殴られつつもルビーの癒しでリカバリーしつつ撃破。
久しぶりに回復履行が役に立った…。
与TPも二倍で、ボムが自爆するスピードも二倍…と行けばよかったのですが、そこはやっぱり相手の気まぐれに任せるしかないわけで、多少ムラはありました。
同じ運まかせなら、もうすこし奥地に入ってもよかったかも知れません。
ただ、直接狩りとは関係ないんですが、ボムが宝の鍵を出すんですね。
けっこうな頻度でぽろぽろと出て、三本目が持てなかったので冗談で叫んでみたところ、同じくシャウトで「欲しいですー」と返事があったときは思わず笑ってしまいました。
無事アーティファクトが入手できていることを祈ります。

そんなこんなで、途中休憩中に火山の噴火を目の当たりにしてSSを撮りまくったりして、最後はうまいこと5チェーンつながり、ソロよりはそれなりに良かったかな? くらいの稼ぎで終了しました。
しかし効率よりなにより、話し相手がいるというのがでかいですね。
LSに人がいない時間帯だと特に。

その後はなんだかんだ言いつつ普通のPTに誘っていただける機会もありまして、気づけばLvが65になっていました。
モーグリ達がキャンペーンで配っていた指輪の力に驚くばかりです。よほど気合いを入れて準備したものなのでしょう。
あと3回、ベストなタイミングで使っていきたいものです。

ところで、赤魔道士や白魔道士から召喚士に着替え直すとき、以前と比べてやけに荷物整理がしにくいなと思ったら、地味に装備品がいろいろ増えてたんですよね。
普段使いのものも、Lv制限がかかる場でのみ用いる装備も。
アーティファクトも以前はその都度預けていたのが、打ち直しをしたものだけはそのまま金庫に置くようになりましたし、リンバスに出入りするようになってから、毒薬やなんかの小物・薬品類も常備しておくようになって…道理で手狭になって仕方がないわけです。
物の管理をしてくれているモグさんの苦労を思うと、そろそろモグロッカーの80枠解放を期待したいところですが、はてさて、いかがなものでしょうか…。
[PR]
by Rdms_pride | 2007-05-21 15:47 | たまには冒険者っぽく

白金色のしおり

「ご主人様はアトルガンからジュノとかその次の日はバストゥークだと思ったらサンドリアに帰ってきてるとか、まったく移動がせわしなくて仕方がないクポ」

ご主人様が留守の間、彼のお手伝いさんでありまた気の置けない同居人であるモグさんは、部屋の整頓に余念がないみたいです。

「荷物を片付けたりまとめたりするモグの身にもなってほしいクポ。…?」

おや? 床に何か落ちていますね。

「キレイなしおりクポ~。」

モグさんが拾い上げてみたそれは、プラチナの小片を薄く延ばしたものに、似た色のリボンを結びつけた、シンプルだけどちょっと豪華なしおりのようでした。

「なにか書いてるクポ?」

裏返してみると、びっしりとこまかく溝のようなものが刻まれています。
一瞬模様のようにも見えましたが、それは良く見ると何かに対する警句であったり、あるいはモグさんにも意味の分からない言葉など、それ自体が文書のようでもありました。


「ご主人様はほんとに、役に立たないけど面白いものを見つけてくるのが大好きクポねぇ」

一人で考えるのは無駄だと思ったモグさんは、そうつぶやくといつも机に置いてある日記帳を適当に開いて、しおりを挟んで閉じてしまいました。

「ご主人様が帰ってくる前にお夕飯の買い物も済ませてくるクポ」

鞄にちいさな巾着袋を入れて、モグハウスの明かりを落とし、鍵をかけて出て行くモグさん。
少し暗くなった部屋の中で、日記帳からはみ出た白金色のリボンが、窓から差し込む僅かな光を受けて輝くのでした。

[PR]
by Rdms_pride | 2007-05-13 14:22 | よしなしごと

日向と日陰

さて、しばらく手記を放置しているうちに、気がつけば練武祭などとまためでたいお祭りが始まっていたわけですが。
モーグリ達の詰めの甘さに苦笑いをこぼしつつ、鎧を追いかける人々を眺めて楽しむのもまたよし。

何もしていなかったわけではないのです。信じてください。
現にメリットポイントをためて弱体魔法スキルを完成させることができましたし(ようやくか)、アーティファクトを打ち直すための素材を無事そろえてワーロックシャポーがぴかぴかになりましたし(依頼日をまちがえたせいで数日ターバンで過ごす羽目になりましたが)、対外的には弟です、と言い張っている僕の式がそろそろデジョンを覚えられそうですし(東方での使い魔の呼び名だそうです。かっこいいので以後僕もこれで)、なかなか充実してたのですよ。
…本当ですってば。
間もなくワーロックタバードもぴかぴかになって戻ってきますしね!

とまあ、僕自身の近況はこのへんにしておきましょう。
あまり愉快ではない話を書こうと思います。

腐れ禁術使い共と裁定者当局、それから僕ら冒険者。
仁義なき戦いには未だ終わりが見えませんね。
度重なる粛清にも関わらずしぶとくしつこく生き延びて様々な場所で暗躍し続ける禁術使い共ですが、最近そいつらにかなりひねくれたやり方で喧嘩を売った人が現れたようです。
チラシガIV様:【業者】潜入ドキュメント「白虎佩楯を強奪セヨ!」前編/後編

奴らの、この世界そのものを食い物にする手段のひとつに、四神を召喚して、その所持アイテムのロット権利を、戦力は持たないけれどアイテムが欲しい、という人に売りつける、というものがあるのは周知の通りなのですが、その主力商品(嫌な言い方です…)であるところの白虎佩楯を、なんとギルを支払わずに強奪したとか。
その顛末はと言えば手八丁口八丁でどうにかギルを渡さずにロットインするところまで漕ぎ付け、詳しいやりかたは割愛しますが所持者が確定する時間ギリギリのところでロットイン、そのままパーティを離脱してばっくれた、との事。

奴らを傷つけた、損害を与えた、という意味では、彼のやったことは多少なりとも有意であっただろう、と僕は思います。
けれど、相手が相手とは言え、行為だけを見れば裁定者の処分要綱に引っかかるのもまた事実…。
また実行者であるところの彼自身、「自分にあるのは正義ではなくただの私利私欲だ」と語っていますが、その心には蟠りが残り、また彼に関わる人も禁術使い共からの報復にさらされようとしているようです。

あんなものが存在しなければ。
存在してはならないもの共のために、負わなくてもいい傷を負う人がいる。
謂れのない悲しみを感じる人がいる。
かけがえのないものを失っていく人がいる。

バタリアのモンスター召喚トラップの話のときも似たようなことを書いたような気がしますが、僕たちの仲間が(たとえそれがまだ顔を見たこともない、どこか遠い地にいる誰かであっても)、奴らの所業に耐え切れずその手を汚し、奴らなんかのために心ならずもモルディオンに繋がれる、そんな悲しい事件がまた連鎖してしまう前に。
世界を汚し、食い散らかし続ける忌まわしい者達の根絶を、願ってやみません。


ところで、はるか西方の世界でも、奴らは猛威を振るっているようです。
けれど、そこにもまた、奴らの存在を許さない、抵抗の声を上げる人々がいます。
「Stop RMT!!」プラチナリボン運動
取り巻かれている状況は彼我で違いがあるかも知れませんが、その理念には多いに賛同したいところです。
理想を幻と諦めることなかれ。追いかければ、それはいつか必ず現実となる。
[PR]
by Rdms_pride | 2007-05-01 23:38 | よしなしごと