黒魔もすなるペット狩りといふものを

学者もしてみむとてするなり。

というわけで、近場で楽な相手や丁度いい相手をひとりでしばいたり、エフ君やヴィセル君を連れて同じくらいや強そうに見える相手をしばくのも、だんだんだるくなってきた今日この頃です。
かと言って、最近はなかなかパーティを組む機会も作りにくいのですよね。

「これからどんどんLvが上がっていったら、いちいち僕に構ってる余裕もなくなるんですから、いい加減ペット狩りでも覚えたらどうですか」

という某所からの突っ込みもありましたので、恥ずかしながら、先日初めてペット狩りなるものに挑戦してきました。
獣使いや召喚士の獣人が後ろに引き連れている、同じLvの野生の敵よりは大分弱いペットを、こっそりとマスターにばれない様に引き抜いて倒してしまうというアレですね。
高レベルの黒魔さんが古代魔法の一撃でペットを沈めて稼ぐというイメージが強かったんですが、調べてみるともはや、僕の知識は完全に初期も初期、黎明期のものだということを思い知りました。
最近はちょっとソロに自信があるジョブの人はみんな、パーティ組めないときはこれかカンパニエで稼いでいるという感じらしく、世の中は変わった…! と思わずつぶやいてしまう僕なのでした。

さて、そうと決まれば狩場の選定。
今時はこういうものもしっかりと情報が纏められた文献がありまして、ありがたく使わせていただく次第。
(参考:ぺってん+様)
僕のLvですとデルクフの塔中層9Fにいる巨人族が連れているペットがよろしい、というわけで、まずは前準備のためにデルクフのカギを持ち出し、カーバンクルの首根っこをつまんで現地へ。
配置人員の確認ですよ。
地下経由でエレベーターを使ってさっくり10階まで登り、階下に下ります。
案の定戦士とモンクと狩人しか出張っていなかったので、素早くカーバンクルを解き放ち、ご退場願いました。
ついでに北側の小部屋のゴブリンたちの様子も覗いてみまして、獣使いがやっぱり不在だったので、同じように後頭部をしばいておきます。
物陰に潜んで休憩することしばし、やってきた交代要員のジョブを確認しますと、今度はちゃんと獣使いがいるようです。
よしよし、と頷いてデジョンで一旦撤収。

手早く学者サポ忍者に着替えなおし、今度は塔を1階からインスニを駆使してざくざく登ります。
何気に低Lvのときは地下経由で上から行こうとするとあぶないんですよ。
エレベーターが登ってくるのを、しばしば奴らが上から覗いていやがりますからね。

なんというか、実際に修練にとりかかれるまでの下準備が長かったりめんどくさかったりしますけども、これは革命的ですね。
何を今更って感じもしますけれども、僕の世界にとっては革命でした。ええ。
ただまぁ…自分は変なところで粗忽物なので、リレイズピアスの残使用回数をちゃんと確認してから取り掛からないとえらいことです。
二度ほどマスターに見つかって踏まれたり轢かれたりしてその度に呪符やリレイズピアスで復帰してたわけですが、やれやれと起き上がって、さてかけなおし…と思ったらリレイズピアス空っぽとか、ほんとどうかしてますよね。
その上で、慎重にいこう慎重に…と思った矢先に通路の奥に引っ込んでいればいいものを、前に出すぎて覗き込んできた戦士と目があって終了とか、まったく、心底やるせないです。

しかしそれでもLvは上がっていくわけでして。
普通のパーティが恋しい…と思いつつも、マグナガントレットが解禁になったのは素直に喜んでしまいます。
こんな自分の現金さが、ある意味いとおしい。

等と語っているうちに、そんなこんなで、狩場も早速移動の時期のようです。
噂の机上演習まではまだまだ遠いですが、堅実に事を進めていきたいけれど、さてどうなるやら…。
[PR]
# by Rdms_pride | 2008-04-18 16:21 | たまには冒険者っぽく

我、信ずるに足る者なりや? ~闇しも初心者の一喜一憂一嘆~

さて、推理ゲーム「闇のしもべ」への参加も、二夜目にして本番と相成ったわけでして。

予定されていたミッションの方が、聞けばもう参加者を、僕の参戦をもって完全に固めたわけではなく、ギリギリまで希望者を募ってみる、とのことだそうで、それならば、と僕も準備だけは済ませて、ヴィセル君の髪を脱色しながら待っていたのでした。
そうしていたら、20分前で最後の参加者が見つかったとの報せが入り、僕も一安心…これで心置きなく集中できる、とル・ルデの庭を後にすることができたというわけです。
買い込んだアイテム類をその場で競売に戻さなければならないって事だけが多少アレでしたが、まあ自力で拾ってきた記憶の一塊で手数料分を払ってお釣りが来るので、よしとしましょう。

「向こうに行ったら、キミが僕ですからね」
「むしろミッション行かないことになったわけですし、僕をオフにして貴方が直接動かしたほうがいいような」
「念が届くようなら、そうしましょうか」

しかし、これをやると僕自身は眠くて眠くて仕方なくなる諸刃の剣。
なんとか遊びに来てくれたお客さんを迎えたものの、エルLSのメンバーであるウィル殿にほぼお任せしてしまうことに。
いやはや、申し訳なかったです。

ともあれ、舞台はちょっといつもと違うウィンダス連邦は天の塔、星の木の畑に移るのでした。
あ、詳しいルールについてはこちらの冊子をご覧下さい。
さすがに本番ということで、昨日のテストプレイよりもさらに多めに人が集まり、13人でのスタートに。
村人を1ターンに一人食べてしまう「闇の王のしもべ」が二人、1ターンに一人指名し、女神の力でその正体を看破できる「女神の使者」と、1ターンに一人指名し、その人が「しもべ」のターゲットにされていた場合守ることができる「騎士」がそれぞれ一人ずつ。
参加者みんなでダイスを振って、出た数を元にゲームマスターが役を振るようです。
そして…ゲームマスターからのtell。

『あなたは騎士です』

初プレイなのに役が来た!?Σ(゜Д゜)
と、驚いている間もなく、ゲームマスターがプロローグを語りだします。
村に入り込んできた闇の王のしもべは、村人のだれかに成りすまし、村長さんをその手にかけた。
最後に伸ばされたその指先は、誰を指し示すこともできずに…。
といったところで、初日は何も手掛かりらしきものはないので、適当な当たり障りのない話をしつつ、各々のパーソナリティみたいなものをおぼろげながら探っていくフェイズになりました。
前日の見学は途中からだったので、開幕はこういうものでいいんだろうか…? と若干不安ながらも、当たり障りなく会話に絡んでいったわけですが、やっぱり緊張するものですね。
迂闊なことを喋って、しもべばかりか村の人にまでターゲットにされてはたまりません。

初日は様子を見ようという事で、人の手では誰も血祭りに挙げることなく日が沈んだのですが…夜のフェイズではまったく予想外の人物がしもべの手にかかり、僕は内心頭をかかえました。
でも、あとから考えてみると、動機が分からなければ手掛かりも分からない。
当たり障りのない人から消していく、なるほどそういうやり方も確かに有効なんですよね。
奥が深い、と唸る今の僕と、もらった役の難しさに唸る、そのときの僕。

さてそのあとは順調に(?)しもべのミスリードに引っかかり、無辜の村民が次々消えていったわけですよ。あとちょっと事故で退場してしまった方もおられましたが。
その間僕はなんとかしもべが消したそうな人を推測するものの、どうにも掠らず、「もう殺られてるんじゃないの」と死亡説まで出てくる始末。
騎士は他人を守れるけど、自分が狙われたらどうにもできない故、迂闊に「まだ生きてますよ」と名乗り出るわけにもいかず…。
いかん、このままではエルヴァーンはINTが低いという客観的意見を裏付ける事例がまた一つ作られてしまう…!
僕のどうでもいい焦りとは無関係に、話の牽引役になっていた人も真剣に悩んでいたようで、横合いからそろそろ疑いの目がむけられるのを、どうにかこうにかかわしつつ、ようやくしもべを一人倒したときには、既に残り6人。
生き残ったしもべにさらに一人消され、手がかりの血文字も途絶え、5人で5ターン目の朝を迎えたのです。

ここで僕は賭けに出ました。
皆様ここまで、疑わしき人を定めて退場させてきたわけですが、じゃあ逆に、この人だけは白だ、と思う人はいますか、と尋ねた上で、騎士生きてます、と告白してみたのですよ。
ただまぁ…今となっては、これが正しいタイミングだったのかどうか…というと…うーんw
カミングアウトはしなくてもよかったかな、と後になって思っていたり。
ここまで善良な一般村人の可能性高し、な灰色の印象を保ちつつ生き残ってきたのに、いきなり騎士を騙ってるしもべかも知れない、白か黒かしかないという事になってしまったわけですから。
僕自身は、話の牽引役を担う形になっていた二人は白い、と考えていたのですが、やっぱり白の人についての意見も普通に割れまして。
祈るように火にくべられたミスラさんも残念ながら村人、恐らく最後の夜、僕はどちらを守るべきだったのか。

あんまり長考したようには感じられなかったかも知れませんけど、けっこう悩んだのですよ。
…しかしながら、裏の裏まで考えすぎた読みは見事にスカされ、話の牽引役の一人であったタルタルさんがここで退場。
この失策から、最後の二択で容疑者とされた僕にはもはやそれを覆す術を見出せず、勝負は敢え無く「闇の王のしもべ」側の勝利でゲームセットと相成りました。

…エル♂LSの集会会場となっていたのは僕のモグハウス。
向こう側の、僕になっていたヴィセル君の方こそ、普通に悔しがるにどうにか留めたけれど、絨毯の上を転げまわって悔しがる僕自身を、果たして仲間達は慰めてくれながらどう思ったやら…w

ゲームの上での事とは言えど、僕はもう少し、人を疑う力を養ったほうがよいのかも知れません。
次回の開催予定もゲームマスター殿があの場で発表してくださいましたし、もう少しばかり研究を重ねて、今度は勝利側で有終の美を飾りたいものです。
[PR]
# by Rdms_pride | 2008-04-13 22:09 | よしなしごと

闇のしもべ

それは水晶大戦の始まる少し前。
王都から、首府から、連邦首都から少し離れた、ひっそりとした小さな村々を襲った災厄。
果たして本当にそんな事があったのか、今となっては定かではありませんが――

ということで、昨日は僕が普段よく知っているウィンダス連邦とは別のウィンダス連邦に遊びに行ってきました。
なんのこっちゃい、と思われるかも知れませんが、言葉の通りなのでどうか深くは突っ込まず、勘弁していただきたいと思います。
目的はトークゲーム「闇のしもべ」。
そのルーツは北方で行われてきたバイキング族の、狼憑きを探し出す儀式がどうとか、どこかで読んだ記憶があるのですが、えーと…。
まあともかく、それを現代のヴァナ・ディール流にアレンジしたのが今回のゲーム。
村人と人知れず入れ替わり、災厄をもたらそうとする闇の王の使いと、村人に混じったそいつが誰であるのか、議論のなかで突き止め、処刑しようとする人間の戦い…ということです。

ルールなどはこちらの冊子に詳しいようです。

会場はウィンダス天の塔、星の木の畑の広間を借りて行われていました。
僕は残念ながら途中から見学ということで訪問させていただいたので、最初は階段の上からこっそりと観戦するつもりだったのですが、なにぶん位相のずれた世界でのこと、インビジもスニークも行使できない体ではあっさり見つかってしまうのもさもありなん…というわけで、ゲーム用のLSを頂いて、ところどころ解説していただきながらの観戦となりました。
…いや、エリアサーチかけたらモロバレというのは言いっこなしでw

ゲームマスター&死亡者側の席だと、各参加者に振られた役が分かるので、それを踏まえて各参加者の発言を吟味していくことができて面白いんですが、やはり醍醐味としては、参加者側で食うか食われるかの推理戦に絡んでいくところにあるのでしょうね。
正体の定まらないしもべ側を挑発するかのように、朗々と言葉を並べ立てる村人。
冷静な表情の下に爪と牙を隠しつつ、犠牲者の血で嘲りの言葉を記すしもべ達。
魔性を見分けられる女神の使者は、生き残る者たちに確信を遺して火に架けられた。
そして…。

いやぁ、熱いですね。
初心者の方も交えたテストプレイとの事でしたが、経験者の方が上手くリードして、展開を作っていたという感じでした。
本番は今夜再び同じ場所との事で、非常に楽しみです。
ああ、でもミッションの手伝いと時間がもろにかぶってる…は、そうだ!

「ヴィセル君、キミの出番だ!」
「はい?」

白く丸い銘盤に願い生まれた、僕の半身です。
僕の代わりに、僕になって、心行くまで本番を楽しんできてもらいましょう。

「でも…僕に集中すると、貴方本体がおろそかになるじゃないですか」
「そこはそれ、素早くカカッと敵さんをたたんでしまうことで解決しますよ」
「そう上手くいくものですかね」

まったくこの子は、僕のくせに僕よりもいちいちもっともな事を言ってくれますね。
しかしながら、ミッションの方により集中しなければならないのは事実。
心置きなく楽しめるように、しっかり務めてこようと思います。
[PR]
# by Rdms_pride | 2008-04-12 12:12 | よしなしごと