タグ:サポートジョブ ( 5 ) タグの人気記事

そうだ、マクロを書こう

さて、サポートジョブとしての学者が完成していくばくかの日が経ち、召喚士と組み合わせた動きについては大分こなれてきたなぁと思う今日この頃。
相手の種族にもよりますが、とても強そうに見える相手まではどうにか渡り合えるようになりました。
けれどその一方で、召喚士とはまったく用途が異なる、白魔道士のためのそれとしては、どうもうまく噛み合わない点が多々ありまして。
基本的には白のグリモアを開きっぱなしにしていれば、一定の補助効果は受けられるのですが、各章を用いての詠唱短縮、消費魔力軽減を行うための手続きがどうにも煩雑で、詠唱の長さ、消費魔力ともに甚大なレイズ・リレイズ系を使うときに併用するくらいしか、意識して使えていないという有様。
これではいかん! というわけで、効率的、効果的にグリモアの各章を生かすため、白魔道士のサポートジョブを学者にしたとき専用のマクロセットを、新たに書き起こしてみることにしました。

とは言うものの、その骨組みは旧来の記述を踏まえたものですが。
基本的に僕はマクロセット内の記述のほとんどを、各種装備品の変換による自己強化に割き、魔法の詠唱そのものは"最速白魔"の自分用バージョンに頼っています。
あとは、多くの人に回すために再詠唱時間を管理する必要がある一部魔法を、ちょこちょこっと収録する程度で。
そういうわけで、以前マクロ記述領域のページ数が大幅に増えたにもかかわらず、これまではジョブごとに分割したきり、ひとつの局面で用いるセットは一枚、という使い方をしていたわけですよ。

複数のセットにわたってマクロを操るための仕組みもずいぶん前にできあがっていましたし、そのあたりはメインジョブを学者に据えた方々がいち早く研究していたと思います。
複雑怪奇でありながら不思議と系統だった、そのセット間の動きは、理解できると途端に魅力的に思えてきます。
初期からこの運用法に目を向けていた人達は偉いです。うん。
…まぁ、白魔道士のサポとして運用する限りは、そこまで複雑怪奇なものを作る必要はないわけですが。

まず、白魔道士の行う仕事のすべてはおおむね白魔法、ということで、先にも述べたとおり、何をするにも現場についたらまずは白のグリモアを開く。
これがデフォルトの状態、ということにしておきます。補遺は必要ありませんね。
白魔道士が己が身に修めた魔法を唱えるのに、一体何を参照せよというのやらってわけですから。
その上で、「よく考えたらこれ要らないなー」という記述を削除、代わりに簡素清貧の章と電光石火の章を開くための記述を挿入。
その後ろに、章の効果を用いて使うことになるであろう魔法の中で、特に緊急性の高いものを書き込んでおきました。
各章のあとで、それほど緊急性の高くない魔法を使いたければ、緊急性の高い魔法は対象指定の段階で破棄して、そちらを唱えなおせばいいというわけです。

さて、これだけではサポートジョブとしての学者をすべて美味しく用いることができる、というわけにはいきません。
黒のグリモアを用いる、裏セットの記入に入っていきます。
白魔道士が黒のグリモアを使うときの用事といえば、大体が暗黒魔法のドレイン・アスピル、それと黒の補遺を参照しながらの弱体魔法スリプル・ディスペルになるかと思います。
弱体魔法は白魔法でもよく使うので、白のグリモアを開いた状態で運用する表セットの、弱体魔法を唱えるための強化変換の末尾に、黒のグリモアへと切り替える記述を、フェイクの対象指定を噛ませて挿入してみました。
ただし、フェイクの対象指定が持つ性質上、セットの切り替えでつっかえないために、従来のものと違って、アクセサリのみの変換へと劣化させています。
白系弱体魔法を唱えたいときは、最終行を実行せずに破棄すればよいというわけです。
白のグリモアの効果で多少詠唱を短縮できると言っても、所詮白のスピードで唱える弱体魔法はそれほど速くないので、唱えながら辞書からHLブリオーと対応する属性杖を引っ張ってくるのもそれほどの手間じゃないですしね。

話がずれました。
無事に弱体魔法をブーストしつつ、黒のグリモアを開いて裏セットへと移行できた、としましょう。
裏セットの基本的な構成は表セットとほぼ変わりありませんが、黒のグリモア状態で用いたい主要な魔法を、表セットの各種強化魔法を削ってそれらと交換という形で記入。
それぞれに、併用したい各章や、追加の弱体・暗黒魔法のための変換を仕込んでみました。
アスピルには疾風迅雷の章、スリプル・ディスペルには黒の補遺といった具合ですね。
勤倹小心の章についてノータッチなのは、どうせなら白魔法の方で消費軽減を役立てたいということもあり、あえて黒グリ側で使う意義はないな、という感触を僕個人が覚えたためです。

仕上げは表セット=白魔道士の通常業務へ戻るための記述。
表セットと同じ位置に、白のグリモアへと切り替える手続きを記入し、ついでに神聖魔法の強化も絡めておきます。
黒グリのまま神聖魔法を使う用事はないので、こちらは待ったなしです。

そのような流れで、サポートジョブとしての学者のためのマクロセットがめでたく完成。
まだまだ試作、といった風情なので、これから実戦の中で色々修正をかけていこうと思います。

また長々と語ってしまいました…。
[PR]
by Rdms_pride | 2008-06-08 13:49 | よしなしごと

遺都に咲く花と考える僕

メリットポイントによる強化が完成していない召喚士(サポートジョブ学者)の技をもって
ル・メトの園を徘徊するルミニオン及びルミニアンと相対するときに心がけること

・基本的なことではあるが、すべての行動は、できる限り敵との距離をおいた上で行うこと。
・机上演習はなるべく決着まで行い、その上で大地の守りと真空の鎧をしっかりかけなおすこと。
・特殊な事情がない限り、グリモアは黒、補遺のページを開いておくこと。
・契約の履行は、神獣の体力の減り具合に十分留意して行うこと。
場合によっては、距離を取った上で自ら帰還させて調整することも考える。
・再召喚直後は不用意に敵と近づきすぎないこと。
特にストゥパースポアを浴びてしまった場合はよほどの強運に恵まれない限り、戦闘不能を余儀なくされる公算が高い。
・魔力が足りない、と思ったらもう少しで敵を倒せそうでも、無理をせず神獣を還し、スリプルなどで足止めして距離をとったり小休止を入れること。
・上に関連して、戦闘中に敵の足止めを行った上でエレメントサイフォンを行う際は、精霊が敵を起こしてしまう事故を防ぐため、やはり必ず距離を取った上で素早く行うこと。


とまあ、なにやら箇条書きでメモが残してありますが、このほどサポートジョブとしての学者がようやく完成の目をみたわけでして。
最後の狩場は東アルテパ砂漠の、ゴブリンの商人が連れているお供の蜘蛛。
うまうまと釣っていたら横からマンティコアにしばかれたりといった事故もありましたが、おおむねおいしゅうございました。

というわけで、このままさらに学者を一線で使えるジョブにするつもりで邁進しようと考えてはいたのですが、その前にちょっと道草をして、現在進行で召喚士のサポとしての使い勝手を確認中です。
神都アル・タユはル・メトの園にて、ルミニアンをちぎったりルミニアンにちぎられたりしてたわけですよ。
明らかにとても強そうに見える格上相手を、カーバンクルによるマラソンではなく、普通の神獣をぶつけて真っ向から倒しにいくというのは何気に初めての経験だったりします。
ゆえに試行錯誤の連続です。

サンドリアのモグハウスを出た直後から机上演習を開始し、5分半ほどかけてみっちりと結果を見ながら現場へと移動。
到着した頃には丁度よく演習が出来上がっているので、強化魔法と履行を回して、神獣を喚んで戦闘開始です。
最初は真空の鎧や大地の守りを張ったついでにいきなりガルーダorタイタンで戦闘開始していたのですが、どうにも魔力が続かなくなったりすることが多かったので、次にはみっちりヒーリングをしてラムウでスタンによる殴られ回数軽減を考えてみたり。
ただ、これでもまだ多段攻撃ゆえ与ダメにムラがあり、今はもうどうせだから当たるか当たらないかの二択でいいや、と半ば悟りを開いてリヴァイアサンでやっております。
…が、どういうわけかけっこう命中するもので、今のところリヴァイアサンでの戦闘が一番勝ててる感じがするのです。不思議ですねぇ。
まあ、このあと負けまくって、あとからちゃんと数えたら、平均値に収束してたりする可能性もなきにしもあらずですが。

机上演習の結果取得はともかく、魔力が完全に尽きてしまう前に、神獣を自ら還して敵にスリプルを入れ、精霊を喚んでエレメントサイフォンにもっていく流れが一番緊張しますね。
神獣の調子がよければ必要のない流れなのですが。
弱体魔法や魔法命中率そのもののブースト装備をいくつか持ち込んでいるおかげで(インフィブルトルク&ピアス、バルラーンリング、ナシラターバン)、今のところレジストされた、ということはまだ一度もないってのが幸いです。
もしかしてこれタルタルの人なら無理に戦闘中にサイフォンで吸わなくても机上演習の結果だけでいけるんじゃね、とかあらぬ考えが頭を過ぎったりするのはご愛嬌ですね。

…赤魔でやれ? いや、ごもっともです。
しかしながら一応修行を兼ねてるので、ユブヒ器官があと3つ採取できるまでは頑張りたいと思ってます。


そうそう、話は変わるのですが、先日もまた、ちょっといつもと違う天の塔で、闇のしもべゲームに参加しておりました。
詳しくはこちら(だらけ返上日記様:闇のしもべゲーム【開催告知】)をどうぞ。
日程の都合で参加人数自体はは前回よりも抑え目だったかなと感じましたが、その分役職がある人のカミングアウトを禁ずるという特殊ルールの追加で、緊張感あふれる展開となったと思います。
どうでもいいんですが、ここまで毎回、最終局面まで生き残って楽しくも胃が痛い僕です。
操作されてるだけの式は気楽でいいですね。
ともあれ、マスタリングをやってくださっているホストのお二方にはまことに感謝しきりです。
次回開催はだいぶ先だそうですが、楽しみにしたいと思います_(._.)_

それにしても、全然関係ないんですがナイズル島監視哨のアサルト、時間帯によってはほんとに混み混みなのはなんとかなりませんかね。
混み混みな事自体は別にいいんですが、入り口の秘封が誤作動を起こしがちなのがいただけません。
最近はバルラーン王の秘宝の目録のなんとやらがナイズル島遺構から見つかった幻灯のカギとどうも関連が…とかまことしやかに囁かれていることもありますし、なんとか直ってほしいものです。
[PR]
by Rdms_pride | 2008-05-15 11:15 | たまには冒険者っぽく

年の瀬ですね

モグハウス管理組合の規定が緩和されてからこちら、友人や親しい人たちを、モグハウスにお招きしたり、また先方のモグハウスにお邪魔させていただく機会が増えました。
先日も、かねてからじっくりと活動を進めておりました、「エルヴァーンに生まれた者として、いかに世に恥じることなく、紳士らしく過ごしていくかを考えるLS」の面々が我が家に集合して、まあこれからのジョブ修練の重ね方だとか、公の場でのサブリガの是非だとか(僕は非の立場を取っています)、くつろぎながら色々と談話に花を咲かせてみたり。
あんまり来客が多めだと、金魚やムーリシュアイドルたちがびっくりして隠れてしまうのは、そういう性格だから仕方がないとして…我が家への訪問三度目ともなりますと、部屋に入るなり我が家のベッドに向けて力いっぱいダイブをかます男がいるのはどうかと。
貴方のことですよジゼル殿。いや読んではおられないでしょうがw
確かに我が家のモグさんがベッドメイク上手なのは僕も認めるところであり僕ってなんて果報者なんだろうと思ったりもしますが、その辺りはさておいて、いい大人が家主の了解も得ずにそういう行為に及ぶのはどうかなぁと思わなくもなく…。
ああもういいです、今度彼の家にお呼ばれしたら、僕が彼の家のベッドでふかふかします。
それで手打ちです。文句は言わせない。

ところで最近、思い立つたびどこかへと踊りに行くのも疲れたので、気分転換にからくり士と学者に手を出してみました。
もとい、学者をやるために、序盤の円滑なサポートとして、からくり士を鍛えてみました。
色々な人から話を聞いて、からくり士の評判を随分とよく聞いたもので。
銘はKagekiyo。正しくは景清と書き表し、東国の説話に語り継がれる古の将軍の名なのだとか。
それはともかく、これはなかなかどうして、面白い。
最初はどうにも、セットしたアタッチメントの技を思うとおりに繰り出せずにいたのですが、指南書に首っ引きになりながらストリンガーを操り続け、Lv10で白兵戦フレームへとどうにか換装。
いくつかのアタッチメントを乗せ変えたところで、やっとうまく動いてくれるようになったときは、喜びもひとしおでしたね。
此度はここで一区切り、ということでジョブチェンジしてしまったのですが、機会があればもう少し上の方を目指してみたいと思いました。

で、からくり士をサポートにつけて、改めて学者を開始。
景清殿が盾を務めてくれるお陰で、序盤から同じくらいの強さの相手にも躊躇うことなく打ちかかっていけて、スムーズな滑り出しとはなったのですが…。
学者らしいことが何にもできないというのが、なんとも侘しいものでしたね。
ケアルがLv4でやっと使えるようになったときは安堵しましたが、これからの前途を思うと、大戦終結後に役目を終えた軍学者達が歩んだ道の事にまで考えが及び…いえ、やめておきましょう。
少なくとも、今ここにある二冊の書物にしたためられた智の数々は、あまたの賢者の手を経て綿々と練り上げられ、受け継がれてきたものなのですから。
それを役立て、実戦のなかで現在に合うよう更新し、また次へと受け継がせることこそが、現在にこの書を持ち帰ってきた者達の役目になるのではないかと、僕はそう思うことにします。

などとつらつらと書きましたが、今年ももう少しで終わり。
折角だからこれらを来年の抱負に代えて、締めることにしましょうか。

それでは、皆様もよいお年を。
[PR]
by Rdms_pride | 2007-12-30 14:07 | よしなしごと

サポートジョブ反省会

アトルガン皇国のレンタルハウスは、相変わらず不思議な香りに満たされていました。
引越しを済ませて初めにやったことは、やっぱりあのちいさな窓を全開にすることでした。

さてさて、このたびようやっと、シーフと竜騎士のサポートジョブ向け修練を終わらせることができました。思えばLv30台というのは、アビリティもある程度充実し始め、そのジョブの面白さが本格的に分かってくる時期なのですねぇ。実際どちらのジョブでも凄く楽しく戦わせていただいたものです。

名残惜しくはありますが、パーティに誘ってくださった皆様、僕が作ったパーティに加わってくださった皆様、それから子竜のヴィーキーも。ここで深く感謝の意を書き記しておきます。本当に、ありがとうございました。…多分誰も見ちゃいないでしょうけども。

シーフがLv30台に到達してから、やれる事がどかんっと一気に増えて、考えながら戦うことと、パーティメンバーの理解と協力をより必要としていくのとは対照的に、竜騎士の30台は一般的かつ無骨な前衛としての戦い方をそのまま推し進めていく日々であり、Lv35のハイジャンプで少し盾役さんや後衛さんの苦労を軽減…できてるのかな? くらいの変化だったような気がします。
深く考えることなく獲物を穴だらけにしていくのは非常にストレス解消に効果的でしたが…。

竜騎士ではサポートジョブ白魔道士でソロをしていることが多かったせいかどうか知りませんが、パーティ戦にあたってそのサポートジョブを戦士に切り替えた際、バーサクのことをすっぽり忘れたまままるまる5チェーン戦ってしまうって事がよくあったのはいただけませんでしたねぇ。もう少し労力なく敵を片付けることができていたのに、と思うと申し訳ないことしきりです。
もし次に、侍でも修練を積む機会が巡ってきたならば、このへんはきちんとしたい所です。

あとは、狩場の選定なんかも、少しばかりスマートさが足りなかったかも知れません。
編成を始める段階では、行きたい場所なんかのイメージもなんとなく浮かんでいるものなのですが、いざ組み始めてみたら、他のリーダーさんにメンバーを取られて、想定していたLvよりもずれたLvでの編成になってしまったとか、組み上げてから改めてサーチを掛けてみたところ、いきたい狩場がすでに許容ギリギリになってしまっていたとか、ありますよね。
そういう時の代替案の取捨選択に多少戸惑ってしまった面があります。一緒に組んでくださった方にフォローをしていただいた事も多かったです。

東方には"三人寄れば文殊の知恵"という諺があるそうですね。6人もいれば僕の手札より面白い案も、効率のよくなる案もよく出てくるもので、しょっちゅうメンバーに「どうでしょう?」と話を振ってしまうのですが、そういうの困るなぁ、って思う人も世の中にはおられるようで、匙加減が難しいですね。
でも、基本的には話し合うことが可能なパーティなら、たくさん話した方がいいと思っています。
他の人は、どうなんでしょう?

何はともあれ、これで天高く舞う赤魔道士(&白魔道士も)誕生です。
惜しむらくは、プルゴノルゴ島…。
マンドラさん祭り、したかったなぁ!
[PR]
by Rdms_pride | 2006-12-04 11:36 | たまには冒険者っぽく

若いっていいですよね

例年と変わらない、楽しげで華やかな祝祭の影に、妖しく匂う黒い百合…?
等とすこーしばかり不穏な話もあったようですが、なんの事はない、あんな怪しげな集団の中にいまさら本物の幽霊が一人二人混じったとて、何をガタガタ騒ぐことがあるのかと。まぁ、西方から招聘されたという除霊師の方々は、ご苦労様です、といったところでしょうか。
それにしても今年のランタンはどれも可愛い。マンドラゴラの明かりが緑色なのが少し残念だったのですが、各国のシンボルカラーを用いたものと思われるので致し方なし、でしょうね。

それにしても、最近またモグハウスが手狭になって仕方ありません。
何かというと、思うところあって気分転換に始めた竜騎士が、これまた思いのほか楽しくて…。

「召喚士はどうするんですクポ…ポスト三周はさすがにモグも我慢の限界ですクポよ」
「あー…えーと、37までなんとか頑張ってくださいな」

そんなわけで、今は拠点をジュノに移し、だんだん手に馴染んできた槍を振り回す毎日です。
せっかくなので、ここまでの巡歴をちょっと振り返ってみようかと。


Lv1~10
普通にロンフォールの森やゲルスバ野営陣で大暴れ、でした。サポートジョブは主に戦士…最初は白魔道士だったのですが、体力のギリギリまで我慢してヒールブレスに頼る、というのがなかなかできなくて。ヴィーキー、何度も戦闘不能になってごめんな。
ともあれ、乾燥マージョラムをレンブロワで買い求め、仕留めたうさぎをその場で焼いて食べるワイルド生活。別ジョブで槍を使った経験があれば、同じくらいの強さに見える相手も鼻唄歌いながらあしらえる、といった按配。自在にジャンプができるようになってからは、TP等の状況により格上の相手とも互角に戦うことが可能で楽しかったです。

Lv10~19
ゲルスバ野営陣奥地やゲルスバ砦下層、あるいはラテーヌ高原で立ち回る事が多かったようです。
乾燥マージョラムとマウラのにんにくを買い求め、仕留めた羊をその場で(ry
遠出をするので呪符リレイズやデジョン、危険を感じたときのためのハイポーションD等を持ち込み。まだまだ同じくらいに見える相手でも楽に制することができる様子ですが、安全第一で行くならちょうどよく見える相手までしか狙わないのが無難かも知れません。
この頃からパーティでの戦闘もだんだんと。定番の砂丘、コロロカの洞門でしたが、砂丘で誘っていただいたパーティはちょっと編成をしくじった感があり、いまいちだったかも。
Lv16から魚に手出しをするのは、忍者の人がいない限りお勧めしませんよ~…。少なくとも僕は、いてもあまりお勧めしません。Lv17くらいからなら、連携を絡めて狩るのもいいかと思うのですが。
(やむを得ずLv差があるパーティを組むときは、できる限り敵に触るジョブの人を上に、敵に触らなくても機能するジョブの人を下に持ってくる、ようにしたいものです)
コロロカはおいしゅうございました。バストゥーク側が取り合いになったら、アルテパ砂漠側への移動も視野においておくとなおよし、ですね。
ただし途中にいる巨人やスライムの回避が可能か否か、メンバーの経験や所持品を確認しての判断が必要ですが。

Lv19~24
ここからジュノに拠点を移しました。リーダーを一度、誘っていただいたのが一度。ソロはまだやっていないのでなんとも言えませんが、メリファトやジャグナーで楽な相手を楽に蹴散らして回るのがいいのですかねー。
ダルメルがいないので、仕留めたものをその場で焼けないのが残念です。
さておきまして、前半はソロムグの甲虫とクフィム島のカニや魚、後半はコロロカのカニとユタンガ大森林でマンドラゴラ。
前半はともかく、後半はちょっと背伸びしすぎて厳しい戦いになってしまいました…反省。クフィム島で戦う期間をもう少し長く取ってもよかったかも知れません。
それにしてもクロスボウを取り扱うシーフさんや戦士さんの少ないことよ…僕の竜騎士のLvがシーフのLvに追いついたら、シーフでも出る準備をしてみますか。

「荷物整理で苦労するのはモグなんですクポよ~~~」
「…そんな泣かれても。分かりました、召喚士の装備、少し片付けますよ…」

とまあ、こんな感じで久方ぶりのサポートジョブ修練、進めています。
思わぬ再会も新たな出会いもあり、楽しみながら鍛えていけそうです。
目指せ、天高く舞う赤魔道士!(白魔道士もね)
[PR]
by Rdms_pride | 2006-10-27 10:58 | たまには冒険者っぽく